FC2ブログ

ワイタの仮雑記

艦これ2019秋イベント

いつものイベント備忘録。
・未婚 ・母港、枠、ドック以外無課金 ・複数持ちOK
の、2013年秋からやってて未だに提督レベル119のヌル提督プレイ。
以下、無駄に画像たくさん
続きを読む
  1. 2020/01/14(火) 02:33:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます(2020)

今年ももよろしくおねがいします。
2019年末に突如としてツイッター始めましたが、どうせダラダラ長く書くこともあるし、ということでこちらはこちらで残します。

2019年のゲームについて
相変わらず、覚えている範囲だと
Xbox:ギアーズ5
PS4:DOA6,サムライスピリッツ2019、斬~剣までのサムスピアーカイブ、UNI(ほぼノータッチ)、GOW(ゴッドの方)
PC:COD MW、VR関連多数、セール多数
Switch:フィットボクシング、リングフィットアドベンチャー
ソシャゲ:艦これ、ゴ魔乙、パズドラ、クラクラ、スクフェス、デレステ、ミリシタ

とりあえず、かなり久しぶりにゲームばかりしていた感のある1年でした。大体サムスピのせい。
サムスピを抜けば圧倒的にCOD MWがゲームオブザイヤーであり、サラウンドオブザイヤーであり、Dolby Atmosオブザイヤー。
Atmos環境を実装してしまった映画ファンとか、先物買いが好きなゲーマーはとりあえず必聴。
マジで次元が違うので。3次元音響だけに。Atmos非対応なPS4版は罠なので買ってはいけない。
他としては、Oculus Riftを買ったのでVRに足突っ込みましたが、今のところは普通のゲームとは別のカテゴリかな、と。
ビートセイバーをはじめとする体感ゲームの新感覚!という部分ではアリなんですが、従来のゲームに新たな体験が加わるか?と言われると弱いと言わざるを得ない。
別カテゴリなので、たまに遊ぶ分には新鮮で良いけどメインにはならない感。それでもVRゲー買いまくってますが。
Switchは自分用に買ったわけではないのですが、見事に健康器具としてフィット。
ソシャゲは相変わらずのラインナップにゴ魔乙が追加されました。おおよそミカドのシューティングゲーム配信の影響。
ゲーム性自体はスコアアタックに特化した、短いステージを繰り返しプレイするスタイルで手軽かつSTGとしての楽しさがあり、それに加えて育成要素や遠征要素といったおなじみのソシャゲ要素をくっつけたゲームで、今の所どの要素も楽しく遊んでいます。
ただ、ガチャ要素がかなり渋い上に本筋のスコアアタック要素とめちゃくちゃ絡んでいるので、そこらへんで心が持つかどうか、でしょうか。
音ゲー類(デレステ・ミリシタ・スクフェス)はとりあえず全部イベントでは2種類の報酬カード入手するスタイルを続けています。一応メインはミリシタ?
パズドラはサムスピコラボの時以降はログイン勢。
艦これは相変わらず司令部LV118。絶賛秋イベント地獄中。正月が潰れる予感しかしない。

で、肝心のサムスピについては、2月頃にふとした切っ掛けで池袋ミカドデビューを果たし、5月に侍大戦に参加した辺りで完全にゲーセン勢として復帰した感。
ツイッターにも書きましたが、今、このご時世に、剣サムやら斬サムをアーケードでプレイできる、ましてや大会すら開催されている、という状況は本当に奇跡的だなと思います。
更に、プレイヤーも発売当初からの古強者も居れば新たなプレイヤーまで居るという…
自分は精々賑やかしぐらいにしかなりませんが、今後もこの場所を大事にしていきたいところです。
新作サムスピについては、1300戦くらいプレイして、勝率49%、ポイント13000くらい。
割と評価が難しいサムスピで、楽しい要素もあればアレな要素もある、という歴代のサムスピを踏襲しているのがなんとも。
ただ、最大の問題は家庭用・AC共に「快適に対戦すること」自体に難がありすぎるんですよね…
この問題さえ解決できれば、ガンガンやり込んだりゲーセンで対戦したりも捗るんですが。
Switch版や、今後出るだろうSteam版で貧弱環境向けの最適化を行って、それをゲーセンに配信し直すとか…無理でしょうか。(少なくとも、Switchの携帯モードは最適化されてなさげ)

2019年のサバゲー・銃器関連について
ついにサバゲは一度も行かず、銃も買わず。お陰で金が減らない。
銃を試すためのサバゲなので、ほしい銃が無ければ…となるのです。
マルイのガスAKMだけは若干興味があるものの、GHKのガスAKMあるし…という点も。
猟銃は昨年の12月からの1年間でおよそ750発ほど撃ちました。全部トラップ射撃。
本当はもっと撃ちたいんですが、射撃場がミカド以上に遠いのが困り物。
スコア的には若干上がってはいるものの、銃を構え続ける腕力がなさすぎるのがネック。
助けてリングフィットアドベンチャー!

2019年のオーディオビジュアル関連について
2018年にAVアンプとプロジェクター、天井スピーカーを導入したのに加え、2019年は新PC、有機ELテレビ、そして年末にB&W 705S2を導入し、盤石の引き籠もり体制を構築。
(ゲーセンに行かなければほぼ年中引き籠もり勢なので室内環境は第一優先)
センタースピーカーが古いまま、とか細かい問題はあるものの、ようやくAVアンプのレベルにあったサラウンド環境が揃ってきました。
他方、Amazon Music HDが始まったのに再生機がことごとくHD非対応だったり、Pioneer XDP-300Rに至ってはAndroidの性能不足で普通の仕様にすら支障が出ていたりと再生機には不満があるので2020年はそこらへんに注目していきたいところ。

そんな感じで、年々趣味の方向性が若干ローテーションしていますが、2020年は恐らくゲームがメインになると思います。
HPは相変わらず大変古い情報を掲載し続けるだけの化石ですが、今年も何卒よろしくおねがいします。
  1. 2020/01/01(水) 02:59:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KCEカップに参加してきました ほか

12月21日はKCEカップに参加してきました。
3on3なのですが、池袋サムライ勢の方々にお誘いいただいてチームを組ませていただきました。
チームメイト及び池サム勢に感謝。
大会はプレーヤーだけで70人超えの大規模でしたが、敗者復活戦(2種類)あり、実況あり、オンライン配信及びリアルタイムトーナメント表あり、景品あり、と凄い大会運営でした。
KCEは結構DUNEさんの配信を見させて頂いてる(何度かサムスピ配信に載ってるので)のですが、ここまでのビッグイベントを開催していただいて感謝ですね。
大会の内容としては、双六の境地コンボが火を吹くぜ!ということも無く、
そもそもサムスピ2019だし、境地ないし、普通に覇王丸で出て、2回の敗北者トーナメント全敗、
という結果ではありましたが、楽しんできました。
弾きは成功するのに、毎回秘奥義のコマンドが頭から消える不具合により何ラウンドか落としたような気がするのが無念。
直前で632146だっけ!?とか普通に考えてたので流石にコレじゃ入らない。
圧倒的な対戦経験不足。ランクマッチ1200試合では足りない。
とはいえ、初の新サムスピ大会でしたので、今後も他作と並行して練習したいところです。
なお、
・ランバトを切っ掛けに初めた斬サム
真サム世界大会を見て(死にかけさんが凄かった!)XBLA版以降触ってなかった真サム熱が上がる
・剣サムもまだ練習が足りない
・ハイスコアガールを履修していなかった点に非常に悔いが残る
などサムスピだけでいくらでもプレイできるのが困りどころ。

どうでもいい話。
池袋ミカドの近くのツクモ電機で三和のアーケードレバー及びサイレントボタンを購入。
ゲーセンで触った感覚を元にアケコンのパーツ買えるのはかなりのeスポーツ感(何が)。
三和以外にもセイミツや海外メーカー(多分)の品揃えまであり、中々の利便性。
そんなわけで、とりあえず買いたくて買ったは良いのですが、
先日買ったファイティングエッジに換装するべきか、以前の隼V4に換装すべきか悩み中。
ファイティングエッジはボタンの表面がザラザラしていること以外何も不満が無いといえば無いので…
隼V4はウルサいボタンとか、微妙なレバーとか一気に改善させられるのですが、そもそも使わない可能性が…
そのうちファイティングエッジ換装→余ったファイティングエッジ部品を隼に、とかやるか…

オーディオの話。
B&Wの705 S2を買いました。
COD MWのお陰でオーディオ熱が高まっていたため、いくつか目星をつけて横浜のヨドバシで他のメーカー含めて色々視聴したのですが、結局今まで使ってたB&W 685と同系統品を即日購入。
普段は電気屋で値引き交渉ってしないのですが、店員の方が超絶親切な方で、
持ち込んだCD(無論ヘヴィメタル)で散々試させていただいた上に、色々教えていただいた挙げ句、
なんと価格ドットコムもビックリの8万円引きで購入出来ました。(後で見たら最安値より5万円安い!)
ヨドバシとマランツは神。
そんなわけでまだ慣らし運転中程度の使用ですが、とりあえず705S2、無音の音(矛盾)が素晴らしい…
音と音の間、音が鳴っていない状態になる瞬間、本当にスっと音が消えるのが、685との最大の違いな気がします。コレがキレというものなのか。
  1. 2019/12/23(月) 01:04:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイティングエッジ刀を今更購入

IMG_2102_R.jpg
今更ながら、PS4用アーケードコントローラー、ファイティングエッジ刀を購入。
今まではPVRV4隼(画像の赤いやつ)を使用しており、別に操作感等には全く不満はなかったのですが、
唯一、「タッチパッド(ボタン)が付いていない」という点において
・新サムスピのトレーニングモードでワンボタンでリセットを掛けられない
という不便さ、そして何より
・PS4版剣サムで、タイトル画面から進むボタン、及びトレーニングモードメニューを開く「スタートボタン」がタッチボタンに割り振られている
という致命的不具合(ソフト側の。代替操作用意して…)により、超絶不便だったので、つい。
これで毎回デュアルショックでログインし直す作業ともオサラバ出来ます。
ただし、アケコンが更に増えたことで部屋のスペースまでオサラバする諸刃の剣。
何台目だアケコン。(SS、PS、Xbox用各1、PS2、Xbox360用各2、PS4用これで2で9台…)
今から買う人は、絶対に最初からタッチパッド付きがオススメです。

なお、アケコンの性能としては、V4隼と比べるとレバーがかなり硬いのが違和感。多分慣れる。
あと手前の傾斜部分がデカすぎる。膝プレイだとやや邪魔。
重さに関しては、膝プレイでもさほど違和感なし。天板は冷たい。ボタンがザラザラ。
それ以外はボタンの質やら安定感やらはコッチのほうが良さそう。
V4隼と比べて、新サムスピで圧倒的にダッシュ秘奥義(66→41236B+C)が出やすいので、
今まで無駄に越後製菓的なオーバーリアクションを必要としていたのは、
V4隼のレバーに問題があった説が浮上しています。

ところで、いつの間にかPS4版剣サムが海外アカウントではなく、日本アカウントで起動できるようになってるんですが、これは一体。
自分のアカウント紐付けに問題があったのか、若しくはPSストア側になにかの変更(例えばサムスピコレクション関連とか)があったのか…
何にせよ、とても便利になったので非常にありがたい。

  1. 2019/12/05(木) 00:21:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そしてSteamのセールまで来る

相変わらずやるゲーム多すぎ問題。

家庭用
CODMW
ランクが100に到達。たのしい。
経験値2倍だとほぼ確実に1ゲームで1レベル上がるので、やめ時を失うのがヤバい。
(上手い人なら1倍の日でもそんくらい上がるのでしょうけれども)
ようやく、スナイパーライフルとか使っても普通に(いつものキルレで)立ち回れるようになってきた感があります。
やっぱり単発銃が楽しい気もしつつ、結局いつもキル取るのはサイドアームのMP5という…

サムライスピリッツ斬紅郎無双剣。
いつもミカドで楽しそうだなーと思いつつも、出来ないのが残念なのでネオコレでやや練習中。
初めて斬九郎を倒すことに成功しました。
斬サム以降のサムスピって見た目は同じながら、細かい操作感が悉く異なり、
特に斬サムはヒットストップとかダッシュとかのもたつきが特殊なのが難しいところです。
なんとか対戦できるレベルまでしたいところではあるのですが、プラクティスモードがないのがキツい。

アーケードゲーム。
久しぶりに剣サム。
今年の2月頃から復帰した際に、
・双六の使い方を思い出す
・その他のキャラの使い方を思い出す
という二本の目標でプレイしているのですが、
双六はほぼ思い出したと思われる割に相変わらずクッソ弱くて、
曖昧な他キャラの方が勝てる始末。
当時の自分は、どうやって羅刹丸とかで戦ってたのだろうか…スピリッツは零だったんだろうけど。

先日は、初めて海外勢と剣サムで対戦しました。というか剣に限らずアーケードでは初かも?
海外の動画だとSPとか真とかはともかく、剣は全く見ないので
「剣サムやってる海外勢初めて見ました~」と言ったら
「ドイツでは3人しかやってないよ!」とかマジなのか冗談なのか分からないことを言われたり。
それでも、海外の方がわざわざ日本のゲーセンにまで来て対戦してくれるってのは嬉しいですね。

ところで、海外の格ゲー動画といえば、最近YoutubeのSHORYUGAMEさんのチャンネルに感動しました。
サムスピやKOF等の大筋やキャラ毎のストーリーを時系列で整理して説明してくれているのですが、
元気が出るKOF等で結構見つつも全然ストーリー知らないKOFやら、一度はプレイしているはずなのに完全に忘れてる蘇サムとか、よくぞここまでまとめてくれた感があります。
英語ですが、ちゃんと字幕化されている物も多くて日本語自動翻訳もできるし、ゆっくり丁寧かつ割と文語的に喋ってくれてるので非常に聞きやすいのもポイント。
↓これはサムスピの正史を時系列でまとめたもの(3部作)。
お陰でそういえば天草って半蔵の息子だったな…とか思い出せました。


アカとブルー。
祝稼働、ということでサムスピの合間にプレイしてきました。
スマホ版は5面ボスの最終形態までは行けるし(クリアは…)、
最近はCAVEのソシャゲ、ゴシックは魔法乙女(ゴ魔乙)やってるから何とかなるでしょ、
とか甘い気持ちでプレイしたら2面で早々死亡。
まぁ、以前ロケテしてたときは1ボスで死んだから…
スマホ版アカとブルーも、ゴ魔乙も、どちらも画面が小さいので全体の把握が容易なのですが、
ビューリックスの大画面で縦画面だと、画面が自機周り以外全然把握できなくて圧倒されます。
もっと練習したい所ですが、サムスピとの兼ね合いが難しいところです。
地元には入る入らないどころか、今年を以て全てのビデオゲームゲーセンが死滅したのが辛い。

アニメ。
劇場版メイドインアビス総集編を買いました。
中身は総集編なだけあって、TV版とほぼ同じ。
13話をほぼ4時間に入れてるので、そこまでカットはせずに、テンポが良くなってる感。
TV版の時点で背景とかはめちゃくちゃキレイだったのですが、
やや背景見せるカット等は減りつつも、相変わらずキレイなアビスが堪能できます。
劇場版で特筆すべきは5.1chに対応した所と、それに伴って音質が良くなったところでしょうか。
元からサントラCDはかなり音質良かったのですが(ハイレゾ版もあります)、
5.1ch化も伴って音&声の全体的な迫力&表現力がかなり向上。
なんか声優さんの演技も凄く良く感じるのは、取り直しによるものか音質の賜物か。
内容については相変わらずエグい。
ナナチの過去関連がやや増量された感(未確認)があり、エグみが増した?
中身については満足なんですが、総集編映画が前後別売りで、
各定価1万円ってのは非常にオススメしづらいのが残念な所。オマケもかなり貧弱。
せめてUHDBDなら…
  1. 2019/12/02(月) 01:36:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ