FC2ブログ

ワイタの仮雑記

DOA6プレイ中

PS4版のDOA6をやってます。
ストーリーモードがそんなに面白くないとか、コスチューム集めが苦行だとか、そんなことは今までのシリーズもそんな感じだったので、あんまり気にせずストーリーだけクリアしてランクマッチばかりしています。
残念ながら持ちキャラ(言うほどプレイしてないけど)のアインが居ないので、ハヤテを使用中。
今まであんまり忍者キャラ使ってなかったので、ヒトミにしておけばよかった…とか思いつつも、B-ランクまで無事到達。
DOAはPS2の2からやってる割には全然ガチ勢じゃないのですが、割と今作は(現在のランク程度だと)ヌルくていい感じかなと。
自分以外のハヤテ使いに全く遭遇しないので、全然コンボが分からず、相手が重かろうが軽かろうが浮かせてPP6PKしかできないのですが、それでも勝率が6割近くあるのでコツさえ掴めれば誰でも楽しく対戦できる…はず。

●突発!誰でも勝てるDOA6必勝法(Dランクくらいまで)
・キャラとか関係なく、サイドステップ攻撃(SA:上か下入れてR1を2回)こすれば勝てるよ!
・相手の攻撃は勝手に回避しつつ、こっちはドッカンドッカン吹っ飛ばせるよ!
・中段・下段とか考えずに全部避けるよ!ホールドはしないほうが勝てるよ!
・相手もSAこすって来たらガードして投げればOK!

…ぶっちゃけこれが真理なのですが、これだとあまりにもあまりなので、今の所のハヤテ使っている感想は、
・3H+K→K→Pが胡散臭い強さ。超絶わからん殺し。
2段目のKがSAも潰せるのでSAこすり合戦にも強い。これだけで対策できてない人には勝てる感すらある。
稀にガードできる人が居るものの、その場合は2段目打たないとか色々できるので超強い。
あまりにもハヤテ使いが少なくて、シリーズ経験者以外これガードできる人居ないのではないか疑惑すらある。きっと自分もできない。
・2H+Kの下段回し蹴りが長い上にSA潰せるのでSAこすり合戦に割と強い。SA多用する相手にはコレ。しなくても何故かやたらと当たるので対策されるまでは多用してもイケる。姿勢が低いのでいろんな攻撃も回避できるし。ガードされだしたら中段が活きる。
・困ったら6Pの肘で暴れる。割と早くてリーチもあるので。カウンター取れたら8P、8K、33K、6K 辺りで浮かせてPP6PK。
・6Pガードされるなら下段の1P。派生もあるので派生で転ばせるなり、単発で使うなり。
・214PPP→4K→6Kのコンボがカッコいいけどこれは上の3H+Kと違い、SAにとても弱いので、2H+KとかでSA潰してからじゃないと使えない。
・正直D~Cくらいのランク帯だとかなり下段攻撃が通りやすいので、下段連発すれば勝てる感。
・4P+Kのバックステップからの突進が猛威をふるいがち。特に相手をダウンさせて即出しておくと、起き上がりキックを回避しつつ相手には攻撃が当たるので優秀。他にも色々スカすのでウザいことこの上なし。読まれたらキャンセルや溜め版も。
・ダッシュ投げ、起き上がり即投げ等が割と通りがち。

なんというワンパターン。
ただ、本当にハヤテ使いと全く遭遇しないので、本来はどうすべきか、というのが全くわからないのが残念。5の動画とか見るしかないのか。
ランクマッチは鉄拳5が出た当初のリリとか、剣サムが出た当初のいろは並にニコばかりと遭遇するのですが、200戦ほどプレイしても未だにブラッドとハヤブサには一度も遭遇していません。偏りがひどい。
  1. 2019/03/15(金) 00:34:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS4 Pro買いました

最近PS4の稼働率が高いのでPS4 Pro買いました。あとDOA6も。
買ってから零スペ、キャリバー6までほぼ放置だったのに。
というか、よくよく考えてみれば、サムスピの新作が(多分)PS4である以上、買わない理由が無かった。
(※たとえXboxOneとのマルチだったとしても、国内プレイヤー数的にPS4一択だし、万が一Xbox独占でもONE Xは既にあるし、格ゲーでスイッチ単独はあり得ないので。単独ならスイッチ買うけど。)
この事に12月の時点で気づいていれば、あの超安かったキャンペーンが使えたのに…無念。
PS4Pro本体はまぁソニー製ソフトが2本無料になる程度だったので、諦めもつくのですが…
Proと言えばVR、なPSVRの1万円引きを逃したのがキツい。
別に初期型PS4でも動いたじゃんと言えばそれまでなのですけれども。
HTC Viveをいつか買おうと思いつつ、常にHTC、Oculus、その他で新機種発表サイクルを繰り返し、買い時を分かりづらくするPCのVR界隈に辟易し、もうPSVRでいいかも…とか思ってきつつある今日この頃。

そしてPS4Proを買ったからには即SSD換装。
本当はPS4(SSD化済み)からSSDを差し替えて使いたかったのですが、それができないらしく。
そうすると、
1 旧PS4(SSD)からPS4Pro(HDD)にデータ移植
2  旧PS4のSSD初期化
3  PS4Pro(HDD)のデータバックアップ
4  PS4ProをSSDに換装
5  PS4ProのバックアップをSSDに移動
という、無駄の極みの作業が必要になることが判明したため、諦めてSSD一台買いました。(実質1時間くらいだとは思いますけども)
これでこの3ヶ月くらいにPS4用、XboxOneX用、PS4Pro用で3台のCrucial MX500買ったことに。
今回は1Tを買いましたが、500Gも最初にPS4用を買ったときより、結構値下がりした感があります。
マルチプレイのゲーム、特に対戦格闘ゲームをプレイする場合、試合の合間に頻繁にロードが挟まる上、ロード時間は自分の待ち時間であることは勿論、相手の待たせ時間にもなるため、是非是非格ゲーマーな方々はSSDの導入を検討されていただきたく。
最近買ったDOA6だと、ランクマッチ中露骨に「相手のロードを待っています」とか表示されたり。
DOA6はこの相手のロードの遅さ表示の他にも、相手が有線LANか無線Wifiなのかの表示が出たりとか、凄い攻めまくりでXboxLive時代に先進的なシステムをガンガン導入しまくってた時代のテクモを彷彿とさせます。
今はランクマッチしか実装されてませんけども。

XboxOneXのニーアオートマタ。
完全に積む前に一気にクリアしようと思い立って、SSD↔HDD間でのデータコピーを行った上で、Eエンドクリア。
バックアップ済みだから怖くないぜ!と当然のようにデータを消しましたが、無事バックアップが取れておらず、爆死いたしました。m9(^Д^)プギャー
【報告】:HDD間でのデータコピーが取れるのは、ゲームのインストールデータのみで、セーブデータはコピー不可。
まぁ、クリアしたとは言えるので良いのですが、放置してたDLC要素とか8割方終わってたサイドミッションとかもう少しだった武器コンプとかがががががががが…
とりあえず、クリアしたので心置きなくサントラとか関連商品を楽しめます。
NieR Music Concert Blu-ray≪人形達ノ記憶≫は、Amazonだと4000円代なのに、2時間のコンサートに加えて声優本人による朗読劇、しかもEエンドの続き(コンサートで後日談てすごい判断だ。)を含み、パッケージも豪華、朗読劇の脚本データ付き、と至れり尽くせりなので最後までクリアした方にはおすすめです。
  1. 2019/03/02(土) 14:47:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のゲーミング

Apex Legendsを始めました。PS4版。
今までロクにバトルロイヤルというジャンルをプレイしてこなかったのもあって、とても楽しい。
野良でも強制的に3人チーム組まされる反面、シグナルシステムのお蔭で非常に意思の疎通が図りやすく、またFPSとしても近接戦が多いのと、近接武器が強い感があってとてもヘタシューターに優しい。
死んでもチームメイトさえ生きていれば蘇生できることもあるし。
どのゲームでもK/Dが1行かない自分ですら既に数回優勝出来たほど。
プレイヤーが多く、今は熟練者率が低いのもあるとは思いますが、ラグも無いし、BF5を見送って最近FPSやってなかった所に思わぬ良作でした。

ニーアオートマタ。
割と進み、もうちょっとでストーリー的には終わる、のですが、このシリーズ特有のセーブ消去対策するのがメンドくてやや放置中。
PS4版はPSプラスでバックアップ取るのが基本のようですが、XboxLiveはどうも仕様が違うようなので、HDD(SSD)同士でのバックアップしかないっぽい?
そういえば、以前「XboxOne版はポッド撫でられない?」とか言ってましたが、撫でる方法がありました。
うろ覚えですが、R3押し込みならがLスティック操作(逆でL3押し込みながらRスティックだったかも?)で移動操作をロックして、ポッドを撫でられます。
これ、「ポッドを撫でることができる」って前情報なしだったら絶対見つけられないような…

サムスピ。
ン年ぶりにアーケードの剣サム復帰しました。
前回プレイしたのが高田馬場ミカドの大会(3,4年前?)で、その時点で数年ぶりだった気がするので、野試合するのって何年前振りだろう。
少なくとも、大久保アルファステーションが閉店した時点(6年くらい前)で既にプレイしていなかったような…
そんなわけで、超ヘタレプレイだったり、境地コンボ決めて小学生並みの舞い上がりっぷりをしたり(ごめんなさい)、改めて双六の着火二択はクソいなとか思いつつも、未だに対戦が出来たことに感謝しかありません。
あと、ここ数年動画勢と化していたため、動画で見たあのプレーヤーさんが!とかあの大会が!とかをリアルで見れたのも結構感動ものでした。東京すごい。
  1. 2019/02/17(日) 02:06:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦これ2019冬イベント

終わってから一体どれだけ経っているというのか。
一応全部甲でクリア。
そんなわけで、すっかり書くの忘れていたけど所詮備忘録なので今更アップ。
続きを読む
  1. 2019/02/16(土) 21:52:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます(2019)

今年もよろしくおねがいします。

昨年のゲーム購入歴は覚えている限りで
XboxOne:Forza Horizon4、ニーアオートマタ
PS4:龍虎の拳外伝、サイヴァリアデルタ、ソウルキャリバー6
と、過去最低レベルでしたが、キャリバーからのニーアの流れがとても充実していたのでプレイ時間自体はかなりのもの。
龍虎の拳外伝はミカドの誕生日配信見てたらどうしてもワイラーでAボタンをコスりたくなったので…
サイヴァリアは初回限定のハイレゾサントラが非常に良かったです。他のゲームも採用するべき。
PCゲームに関しては相変わらずセールで買って積むゲームとして楽しんでおりますが、Insurgency Sandstormは良かったです。主に音響が。パッドでFPS勢なので家庭用が出たらそっちでやりたい。
ソシャゲは相変わらず。艦これは未だにレベル116。イベントと定期任務だけ頑張る勢。

サバゲ関連はどちらかというと猟銃免許の取得にかまけていたのであまりめり込まず。
とはいえ、初めてサバゲの聖地・千葉に行ったりとかもしたのですが。
正直なところ、現在「欲しい銃がない」ので、モチベーションが低いです。

物欲の捌け先だったサバゲがおとなしかった反面、オーディオビジュアル環境は2018年にかなり変わって、
オーディオ方面では
メインのスピーカー環境はAVアンプの交換(SONY STR-DN1040からYAMAHA RX-A2080)で5.1chから5.1.4chに。
ポータル環境はスマホ環境からハイレゾ対応DAP(Pioneer XDP-300R)に。
ヘッドホンはSONY MDR-1000Xから同SONY WH-1000XM3に。
ちなみに、WH-1000XM3はMDR-1000Xの2世代後継機で、各界隈から絶賛しか聞かないノイズキャンセリングヘッドホンですが、実際に超優良機種です。
明らかに値段以下の音質だったMDR-1000X(それでもノイズキャンセリング性能を考えれば十分だった)からかなり音質が向上し、更にノイズキャンセリング性能も向上。
音楽うんぬんよりも、「屋外で一切のストレスを受けたくない・外部と遮断されたい」人は絶対に一度試してみるべき。
スムースジャズとの組み合わせにより通勤通学、というか人生が捗ること間違いなし。(※個人の感想です)

ビジュアル方面では、ついにプロジェクターを導入。
PX727-4Kと数千円の安物スクリーンでやりくりしていたのですが、年末にシアターハウス製のチェーンスクリーン(100インチ)を導入。
安物はそもそも平面が保てていなかった時点でアレですが、流石に専用品は違いますね。
6万円、と聞くと高い、と思わなくもないですが、そもそもプロジェクタが11万なので合わせても20万行かないで4K・HDR・100インチ、と考えると悪く無いかなと。
プロジェクタ本体については以前に書いた通り、設置面では手放しで褒められるわけでも無いのですが、画質については巷でのレビュー通り。
4K・HDRのUHDBD版「レヴェナント」は異次元の大自然っぷりだし、最近投げ売りされてたUHDBD版「君の名は。」はHDRキメた”日差し”(太陽光)が暴力的に視聴者の目と心を刺してくるのでオススメです。
問題は、UHDBD自体があんまりない事と、プロジェクターの動作音が気になる事くらいでしょうか。
劇場版がなかなか良かった機動戦士ガンダムNTは是非UHD版が出てほしいけど特にアニメのUHD発売率の低さがなんとも。

そんなわけで、着実に環境は整っていった2018年でした。
2019年は当面ゲームで欲しいものはありませんが、プレイ中のニーアオートマタや積んでるForza等で当分は持ちそうです。
AV環境が一段落したので、次は久しぶりに自作PCを更新しようかなー、とか、VRヘッドセット買おうかなー、とか考えてはいます。
VRはそろそろViveの更に新型とか出るんじゃないかなーとか思いつつ。

そんな感じで、いろいろやりつつ結局艦これが一番の重きを置いているような気がしなくもありませんが、今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2019/01/07(月) 00:35:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ