ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pain of Salvation / In The Passing Light Of Day

ものすごい久しぶりにメタル感想。

イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ
ペイン・オブ・サルヴェイション
マーキー・インコーポレイティド (2017-02-22)
売り上げランキング: 5,047


スウェーデンのプログレッシブ・メタルバンド Pain of Salvation(ペインオブサルベイション、通称POS)の10thアルバム、In the passing light of day(インザパッシングライトオブデイ)。
初期はいわゆる「ドリームシアター系」扱いされつつも、完全に独自の路線を突っ走ってきた割とベテランなバンドです。
プログレッシブメタル、とは言うものの、割と掴みどころのない、ジャンル分けの難しい楽曲が多いのが特徴だったのですが、特に5thアルバム「Be」以降はそれが顕著になり、7thと8thのRoad Saltシリーズはもはやメタル要素が無い、オールドなロックアルバムとなっていました。
初期のプログレ路線が好きな自分からするとかなり残念な路線だったのですが、その後過去作のリレコードアルバム「Falling home」(多分日本版未発売)と、4th「Remedy Lane」のリマスター版(多分これも日本版未発売)を経て発売された今作は、近年の作品の風味を残しつつも、初期のプログレメタル路線に回帰した「メタル」な作品となりました。

メンバーが変わったとか、技法が変わったとか、ヴォーカル&リーダーのダニエル・ギンデルロウが病気で生死をさまよっていたとか色々な事情は有ると思いますが(と言うかその「死にかけたこと」こそがこのアルバムのテーマでもありますが)、とにかく「メタルなPOS」が復活した事が非常に喜ばしいです。
初っ端からメタルな楽曲が並ぶだけで嬉しいのですが、今作はとにかくメロディが強烈に印象に残ります。
PVにもなっている「Meaningless」や「Reason」に加え、淡々とした歌唱から熱いコーラスに流れ込む「Full Throttle Tribe」など、ここ数作からは考えられない程にパワフルでキャッチー(※彼らにしては)な楽曲が揃っています。
また、どうやら今作は「Remedy Lane2」として当初は作成されていた、という側面も有るらしく、全体的にRemedy Laneを参照したり引用したりするフレーズが含まれているのも過去作やリマスタ版を聴いてきたファンとしては嬉しいものがあります。
(※6thの「Scarsick」も「The Perfect Element 2」として作ってたらしいので確かに納得できる部分ではあります。なお、曲の解釈や上記情報はこちらの海外サイトを参考にさせていただきました。)
ザクザクした音なんかは各所で言われている通りLeprousっぽかったりしますが、恥ずかしながら最近Leprousを知ってファンになった自分からするとタイムリーでより嬉しかったり。
歌詞は相変わらず?内省的で、先述した通りダニエル氏の経験した細菌感染症及びそれに伴う入院に伴い見つめた死、というか「死ぬこと」がテーマなのですが、全編を通じてはそこまでダーク一辺倒では無く、いつもの繊細さと力強さの混在した表現力の塊みたいなヴォーカルで引き込まれます。(過去作ほどのハイトーンは無い感じですけども。)

個人的にPOSは3rdの「The Perfect Element 1」が人生のベストアルバムに入るぐらい好きなのですが、今作もPOSの中ではかなり気に入っています。
初めて聴いたときは驚いてばかりであまり頭に入ってこなかったのも事実ですが、3度、4度と繰り返す度に、これこそがPOSに求めていた曲だなと。
5thの「Be」は今も理解できる気がしないし、6thの「Scarsick」もアルバムとしてはあまり好きではないのですが、今作はアルバムを通じていい感じです。

ちなみに、日本版のボーナスディスクは新曲は無く、デモバージョンのみ。
この手のデモにしては珍しく、作曲者(ダニエル)の解説が入っていますが、彼らの動向を全部知りたい、というコアなファンでない限りは特段必須なモノではないと思われるので、日本語訳が必要なければ海外盤で良いような気がします。(歌詞の意味を追うだけなら、先述のサイト等で歌詞を直接追って、翻訳見ないほうが分かりやすいかも…)

ちなみに、POSは今作もオススメですが、アルバム1枚の値段で、初期のアルバム5枚がまるごと収録された「ORIGINAL ALBUM COLLECTION」というまとめパッケージも有るので個人的にはまずコッチがオススメです。
ORIGINAL ALBUM COLLECTION
ORIGINAL ALBUM COLLECTION
posted with amazlet at 17.03.12
PAIN OF SALVATION
INSID (2016-09-02)
売り上げランキング: 41,793


デビュー作1st、武器産業とロシアの核汚染された泉がテーマの暗くて重い2nd、大傑作(断言)3rd、今作との関連があり一般的にはベスト扱いされている4thに加え、驚異的なコーラスワークとまったりとしたアレンジが楽しめるアコースティックライブの「12:5」を収録しているので、POSを聴いたことが無い方の入門には最適。
メタルに興味がなくても、嫌いでも、3rdだけでも良いからより多くに人に聞いてもらいたいと思う今日このごろ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/12(日) 23:55:49|
  2. メタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦これ2017年冬イベント +近況

近況。
HALO WARS2を買いました。
βの時からずっと思ってますが、明らかに操作性が1から劣化してるのは何故なのか。
一応チュートリアルが3つ有るとは言え、やはり前作ほどの親切さも無くなり、
「FPSメインのHALOファンでも取っ付けるRTS」と言うにはややハードルが上がりすぎな感じ。
まぁそのための前作付きの豪華版、なのかもしれませんが…
もっとも、↓のβテストと艦これイベントのせいでまだまだ全然触れていないので内容には触れられないのですけれども。

ゴーストリコンワイルドランズのオープンβに参加しました。
体感的にはタクティコーになったファークライ、的な感じですが、タクティコー要素は大事なので現時点では大分気に入っています。
グラボを新調したおかげもあり、グラフィックにも満足。
武器のカスタムは、「Escape from tarkov」に期待していたのですが、ワイルドランズもそれっぽいカスタムが出来そうで良さげ。
中途半端に5.11とか、CRYEとか名前出すなら、片っ端から実銃メーカーの名前出して見本市みたいにすればいいのに…と思わなくも無いのですが、難しいんでしょうか。
βなのに日本語が使えるのは最高なのですが、「マルチ迷彩トロピック」とかの表記は、マルチカムの商標回避のためなのか、カモフラージュのカモで迷彩と誤訳しているのかがやや気になります。
最近ライセンスに厳しいカラシニコフのAK47とAK12の2機種は最低でも出ているみたいなので、そっちのカスタムも充実してると嬉しいのですが。
過去の経験から言って、まず間違いなくオープンワールドのゲームは積むのですが、コレは割とシューティング・アクションの占める要素が高そうだからなんとかなりそうな、気が、少しは、しなくもなく(弱気

艦これイベント。
以下折りたたみ
続きを読む
  1. 2017/02/27(月) 00:36:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年の振り返り(サバゲ)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、ゲームサイトの体をしつつもサバゲ関連ばかりの当サイトなので、2016年のサバゲ関連も振り返ってみます。主に主兵装(ライフル)。
続きを読む
  1. 2017/01/03(火) 21:15:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016の振り返り(ゲームとか)

もう2016年も終わり。
例年その年にプレイしたゲームを振り返ったりするのですが、今年は過去最悪レベルで家ゲーしてませんでした。
Oneでギアーズ4を一応クリアした…くらい。
スト5とかCODAWとかのPS4ソフトは一応買ってはいるのですが。
PCはBF4、BF1、R6シージがあったので一応稼働していた、と言えなくはない。
今はPC版DOOMをたまにやってます。ヌルヌル動くのって素晴らしい。
まぁ殆どはソシャゲと艦これやってるわけなのですが。
ソシャゲではシューティングガールがサービス終了してくれたお陰で、2015年よりはソシャゲに拘束される時間が減ったような、大して変わっていないような…
家ゲーは多分、PSVRの次世代機が出るとか、サムスピの新作が出るとかしない限り今後戻ることはあまり無さそうです。
ソフトのラインナップがPCとのマルチが多すぎて、PCで出来るならそっちで…となるので。
2017年はHALO WARS2だけは家庭用で期待しています。
前作並によく出来てれば良いのですが、コレだけはPCとマルチなのが逆に心配です。RTSはFPS以上に入力装置差が大きそうなので。

アニメ関連は響け!ユーフォニアム2が非常に良かったです(まだ最終回見てないけど)。

それでは、サバゲばかりやっていますが、元攻略サイトとしては消滅しないことに意義が有ると信じて。来年もよろしくお願いいたします。
  1. 2016/12/31(土) 23:52:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント終わったので

劇場版艦これを観に行って来ました。シネマシティの爆音上映で。
シネマシティの音質については言わずもがな、戦闘シーンがTVアニメ版より遥かに大迫力で素晴らしい!のですが、全体的に暗いシーンが多いのもあってか、シネマシティの画質にはやや不満。
明るいシーンの多かったマッドマックスや、ガルパンではさほど気にならなかったのですが…
で、映画自体は戦闘シーン多めで夜戦等、原作の設定を活かしたアクションシーンは非常によく出来ている反面、明らかな後付け設定とか、90分ではやや無理のあるオチへの持ってき方などのストーリー部分のネガティブ要素もありますが、「TV版をキチンと終結させた」という一点だけでかなり満足度が高い一本でした。
TV版、特にTV版の最終話は戦闘シーン含めて酷い有様だったのですが、あの設定を引っ張りながらよくぞキレイに終わらせてくれた、という謎の「救済された感」があります。
「艦これ」の映画ではなく、「TVアニメ版艦これ」の映画なので、原作ファンにはあえてオススメすることはありませんが、TV版を見て「観なきゃ良かった」とか「どうしてこうなった」とか思っている(いた)提督には古傷を癒やし、「色々有ったけどアニメ版も悪くなかったかもしれない」と思わせてくれるかもしれない一作でした。


唐突にPC用グラフィックボード、GEFORCE GTX 1070を買いました。
MSIのGaming X 8Gモデル。
特にこだわりはなく、直前まで使っていたのが同MSIのGTX760だったのでメーカー買いです。
昨年のR6シージなんかの頃から、設定をかなり低くしながらPCゲームをプレイしており、BF1も設定下げてそれなりにプレイは出来ていたのですが、やはり本来のグラフィックを活かしたくて遂に買い替え。
BF1はほぼ最高設定のグラフィックで、かつ解像度4kでも普通に遊べるのが素晴らしい…
  1. 2016/12/13(火) 00:57:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。