ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DSiLL買ってあぁ無常刹那をやってみたり

Forza3のTurn10プレゼントカーのチョイスはどういう基準なんでしょうか。
普段ペイントしたりしないのでペイントカーが送られてくるとちょっとうれしいですね。

ホームシアター。
現在、フロントのスピーカーは10円インシュレーターを使ってたのですがイマイチ籠ってるような感じがしたので安めのインシュレーター AT6099(アマゾン)敷いてみたところ、高音の抜けが極端に良くなりました。
高音のきれいな曲だと相当変わってビックリです。メタル系はそこまで変わらないのですが。
やはり10円だけだと背丈も設置面積も足りてなかったんでしょうか。10円積めばマシだったかも。
以前のスピーカーではインシュレーター代わりに袋ナット使ってましたが、スピーカーがある程度大きくなると不安定になるのがネックなんですよね。両面テープ固定もかっこ悪いし。
とりあえず、安物でも足元安定させとくのは割と効果的かも。固い机/床とゴム足。

またシュタゲですんません。ついでにニコマス。

↑の動画みてたらOPテーマ買いたくなったので探してみたら、itunes music storeで売ってたのでちょうど400円余ってたポイントつぎ込んで買ってみたり。
てっきり150円=128kbps、200円=256kbpsだとおもってたのですが128kbpsでちょっとしょんぼり。わかっていたらシングル買ったのに。
曲自体はゲームプレイ後に聞くと意味が分かってハッとさせられるのがニクいです。中の人Verも聴いてみたいところ。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/29(日) 23:50:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PC買い換えた

Windows7も出たし前回の買ってから3年経ったし、というわけでPC新調。
次こそは自作、と3年前から思ってましたが結局またBTO。
さすがにcorei7で快適ですが、前のもCore2Duoだったのでさすがにセレロン→Core2ほどの感動はないですねぇ。
とりあえずCrysisデモ版でグラフィック全部VeryHighにしても動くよワーイ、とかくらいしか使い道がないのですが。
せっかくメディアセンター搭載したのだから360つないでいろいろしてみたいところ。

Web拍手へのレス
☆HDTVのスイッチ切り替えて無いことに1年半気が付いてませんでした(笑)。設定しなおして、今までとのあまりの差分に呆然。感謝感謝なのです。

よく切り替え忘れてた、という話を聞くので赤く目立つように記載してたのですが、1年半ですか!お役に立てたようでなによりです。
あのスイッチはただでさえ目立たない上に一度接続すると完全に見えなくなるのが厄介ですね。
360はハード周りが色々と不親切(光デジタルケーブルとか、HDMIとか)なので次世代機ではぜひとも分かりやすくしてほしいものです。
  1. 2009/11/24(火) 00:46:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Opeth観てきた等

Opethが再来日したので渋谷まで見に行ってきました。
前回の来日時はスルーしてたのですが、同一アルバムで2回も来日してくれるとは。
終始まったりしたムードでありながら曲はデスメタル、という奇妙な取り合わせでしたが
演奏は凄まじく安定してるしMC面白いしと良いライブでした。
開幕Windowpane→2曲目Ghost of Perdition→3曲目The Lotus Eaterって流れだけでもう満足。

最近買ったCDとか
Amon Amarth「Twilight Of The Thunder God」とかEnsiferum「From Afar」とかヴァイキングメタルを買ってみたり。
両方ともなかなか猛々しくて良いのですが、最初に入ったヴァイキングメタルがEquilibriumなため若干求めてる方向性が違う感じも。
Wingthors HammerとかWidars Hallenみたいなピロピロっぷりはどこら辺のバンドになるのでしょうか。メロデスの方が近い?
メロデスは以前から気になっていたScar Symmetryの「Pitch Black Progress」と「Holographic Universe」を買ってみたり。
ヴォーカルのデス・クリーンの使い分けが凄まじいのですが曲自体はあんまり印象に残らない感じ。
4年越しの新作となるSavage Sircusの「Of Doom And Death」は前作の全曲を演奏したLiveDVDが付いてきてお得ですが、
新曲自体は最重要メンバーのトーメンが抜けた影響か前作ほどブラガっぽくなく、相変わらず1曲が地味に長い中キャッチーさが減っていてなんか微妙。
期待してなかった割にアタリだったのがGalloglass「Legends From Now And Nevermore」とCelesty「Vendetta」。
共に古き良き?メロスピ時代っぽい曲満載でクサくアツいアルバムとなってます。
どちらもAmazonで輸入盤が安かった、ってだけの理由で買ったのですが最近クサいアルバムが無い中でなかなか分かりやすいメロスピしてて良いです。

  1. 2009/11/21(土) 18:15:39|
  2. メタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリア&コンプ。

シュタインズゲート クリア&実績コンプ。総プレイ時間23時間。
うち、土曜日14時間くらい。久しぶりに廃ゲーマーになった気がしました。
巷で散々言われているように、ストーリーも斬新で面白いです。
少しでも興味がある人なら買って損はしないレベルかと。
色々気になる点も有りますが、そのうちレビューにまとめてみます。

それにしてもギャルゲしてるときの「○○がオンラインになりました」通知はなかなか恥ずかしいですNE!
  1. 2009/11/15(日) 01:43:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レビュー

シュタインズゲートが予想通り面白いので毎日が楽しい。世間の評判はもっともですNE。

HTMLの中の人ことマニワイタ弟によるレビューを開始しました。
テーブルタグが使えるか使えないかが主な違いです。
主にレビューの抜けを埋める意味で今後増えていくかもしれません。
  1. 2009/11/11(水) 00:34:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オンデマンド扱い?

HALOWaypoint。
何の前情報も入れてなかったのですが、既存のゲームの実績に付加価値を持たせるってのは面白いですね。
各メーカーで似たようなことすれば面白そうです。縦シューとか、FPSとか、ジャンルでまとめてみるとか。
話題?の国産アニメはもう国産的お約束すぎて…

ベヨネッタクリア。
結構時間かかりました。イベント等含めると20時間くらい?
なかなかのボリュームですが、二週目を考えると若干長すぎかも。
パターンやバリエーションを少しずつ変えての使い回しは色々と努力は感じるのですが、やはりもう少し敵のバリエーションが欲しかったかも。
最初から最後まで結局刀でのごり押しが多かったのは残念ですが、WTを絡めた回避→反撃主体のバランスは俺TUEEE感が多めで良かったです。
イージー以下の難易度のオートマチック操作はアリだとは思うのですが、ゲーム的には面白さをかなり減衰させてしまっているので普通のイージーモードも有ればよかったかも。
そんな感じで、全体的に高水準でまとまってる良作でした。

いまさらシュタインズゲートの体験版やってみたり。
評判どおり、これはなかなか。
2週間くらい前までは普通に売ってた初回版がアマゾンに無いのが悔やまれますが、通常版は在庫が……
  1. 2009/11/07(土) 18:55:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AVアンプの発熱で冬が越せそう

ようやくゲームする暇が確保できるようになってきました。

・Forza3(360)
相変わらずのド安定っぷり。
前作をそのままレベルアップさせたデキなので前作経験者なら何の問題もなく遊べるものの、やはり車好き向けであり、別に車が好きでもない人が3作も買うと流石にちょっと飽きが早いかも。
とりあえず持っておけば安心(何が?)な一本ではありますが、もう少しBGM変更とか、ドリフトポイントとタイムの同時表示とか、PGR的な遊び幅が欲しかったような。
グラフィックは言うまでも無く最高峰であり、サラウンドも前作通りかと。衝突音は若干マイルドになった?

・ベヨネッタ(360)
実はQTE搭載でした。ミスると即死。割とシビア。しょんぼり。
アクション自体は回避主体でいかにスキの大きい大技を差し込んでいくか、という感じ。
コンボ途中で敵の攻撃を回避し、回避後にコンボを再開する一連のシステムは斬新。
ただ、思っていたほど武器による攻撃パターンの違いとかは少ないかも?
ボリュームは思っていたよりありますが、使い回しが結構激しい。
ミニゲームはデキが悪く、かつ長いのが残念。無駄にセガ臭をさせるのはどうなんでしょうか。
イベントシーンの頭の悪さはなかなかのもので、ニンジャブレイドのイベントシーンが楽しめる層ならオススメできそうです。
グラフィックの質は高く、サラウンド度も結構高め。

・ザハウスオブザデッド オーバーキル(Wii)
とりあえずディレクターズカットも一通りクリア。
難易度のバランスが非常に悪く、ステージ1だけが難しいという初見殺しゲー。
ステージ2以降はハンドガンの性能で押し切れる上、オートショットガンがあれば常にライフ満タン状態で進めるほどのヌルさになってしまうのはガンシューとしてどうなのか。
1ステージがかなり長く、かつ展開が変わらないのでどのステージもプレイ感が同じようなのが残念。
よく家庭用のゴーストスカッドのレビューに「ボリュームが足りない」と書かれていますが、長ければいいってモンじゃないと思うのです。HOD3程度がベスト。
よってリプレイ性は(コレクション要素を埋めようと思わなければ)薄く、スコアアタックはちょっとやる気になれません。
ウリのストーリーは後半になれば何だかんだで楽しめるのですが、これHODって名前付けないほうが良かったような…
武器育成など、ゴスカの進化系っぽい点もあるのですが、
-武器は強化できても弱化できない(最強にすると強すぎる。初期ハンドガンの弱さはこの手のガンシューにしては斬新なのに勿体無い)
-スコアシステムが完全に単発武器有利
-2種類の武器を使い分けられるが、使い分けて有利になるシチュエーションが無い
などとちょっと練りこみ不足。家庭用ゴスカもですが、武器別ランク作ればいいのに。
そんなわけで、ひたすら死にながら覚えるアーケードガンシュー的な要素は薄く、ひたすら火力過多な武器をブッぱなしてオーバーキルしまくる爽快接待ゲー的な一本となっています。
コレはコレでアリだとは思いますが、ファミ通で6点付けられるのも納得。
個人的には7点くらい。

・ソウルキャリバーブロークンデスティニー(PSP)
アマゾンで6割引だったので購入。
内容は家庭用の4からストーリーモードとタワーモードを省き、CPU対戦と新モード「ガントレット」に特化させたもの。
ガントレットはいわゆる楽しみながらシステムを覚えていくモードなのですが、結構内容が濃く、このキャラのこの技はこう対処しろ!的な内容が盛りだくさんでありどう考えてもガチ対戦ユーザー向け。
グラフィックはともかく、操作性やレスポンスは家庭用4とほぼ同じなのでかなり良いデキなのですが、ここまで対戦特化だとやはりPSPのコントローラーだと辛いものがあります。
ガントレットモードは家庭用に搭載していればかなり好評だったと思うのですが、PSP版から家庭用に移住してくる人はそんなにいないでしょうし、ちょっと方向性を間違ってる感があります。
キャラクリはパーツ増えてますが、やっぱり360の高画質&オンライン対戦の見せびらかせる環境じゃないと厳しいかも。
品質は高いものの、狙ってるユーザー層がイマイチつかめない一本でした。明らかに初心者向けじゃないですし。
せめて文字だけにしてでも、ストーリーモードくらい残しておけばいいのに…

  1. 2009/11/02(月) 01:08:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。