ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり配置が一番

ここ1年くらい取り組んでいた部屋の模様替えが完成に近づいてきました。
1年もかかったのは単に面倒臭がってただけで作業的にはたいしたことしてないのですが。
新旧配置図
黒マルが視聴位置。赤がフロントとセンタースピーカー。水色がサラウンド。青がサラウンドバック。
上の方の謎空間は出窓。
今までは色々と乱雑としすぎて部屋の半分でサラウンドを構築していたのですが、無理やり整理して部屋全体で配置。
サラウンドバックは今までカーテンレールの上に載せていたのですが配置が変わって金具が必要になったのでひとまず無しで。
その結果、あからさまにサラウンド感が向上したのはもちろん、音楽聴く時の音質もかなり向上。
今までの配置の問題点は
・フロント・センターが近すぎた(幅110cmの机にフロント2本&センターを置いていたので…)
・フロントスピーカーの高さがやや低かった(スピーカーのツイーターが視聴距離の耳よりやや下)
・サラウンドの前後位置が結構違っていた(ついでに高さも)
・視聴距離までが近すぎた
・部屋の構造上反響が明らかにいびつ
などなど。
新しい配置にしてようやくB&W685が値段なりの音質になってくれたような気がします。
サラウンド環境はやはり配置が命ですね。
居間に設置してあるTSS-1の方は適当配置ながらもサラウンドの高さと左右対称のお陰で旧配置よりサラウンド感高かったし…
配置改善の弊害として、として今までも不満だったモニタが、視聴距離が離れてさらに物足りなく。
もはや24インチでは話にならないのでこうなったら30インチ以上にするか、テレビ導入するしか…
デルの新型30インチはゲーム用としてはどうなんでしょうか。PC併用なので16:10は有難いのですが。
ただ、同じくらいの値段でテレビだと42~46インチが買えてしまうので逆に現モニタをPC用、テレビをゲーム用として導入するってのも…むむむ。

そんなわけで良好なサラウンド感の中でHALO Reach。
キャンペーンはダイナミックかつ壮絶だった3と比べると地味な感じが否めません。
いろんなゲームで言ってますが、乗り物限定ステージは無い方が…
とはいえやはり無難にまとまっているしボリュームも手頃なので評価はそこそこ。
実績がかなり高難易度キャンペーンモードに固まってるので一人レジェンドに挑戦するか悩ましいところです。
マルチプレイは相変わらずの充実したシステム周り。
ハードコア系のルールが多くてレーダー無し+スプリント限定がそれなりに多く、サラウンドの活かし甲斐があります。
微かに聞こえるハァハァ音を感知したらすぐさま壁に背を付け、相手が通り過ぎたら即効でスプリント&アサシネーションしたりするのが楽しい。
まだプレイリストが初期状態なので今後の発展に期待です。
個人的には戦闘の濃度が高いスレイヤーとかオッドボールが好きなのですが、どうもランブルピットだとインフェクション系ルールが人気なんですね。
攻守交換が頻繁な上にやや時間がかかりテンポが悪いのがやや難点。
レースとラリーは票が入るとげんなりするレベル。一度やるとお腹いっぱいです。
Reachの戦績を貼ってみるテスト。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/26(日) 01:01:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TGS感想

今年のTGSも終了。
個人的には重鉄騎が有っただけでここ最近のTGSよりインパクトが強かったのですが、冷静に見るとそれほどでも無い?
とはいえ、地味にパンツァードラグーンっぽいタイトルとか、シルバーガンとか、ゲーマー向けソフトが発表されたのは収穫でしょうか。
鉄騎はよく考えれば初登場から8年以上経ってるんですねぇ…感慨深いものがあります。
キネクトは鉄騎がでる以上、予約はしたもののロンチタイトルはやはりロンチタイトル、といった感じの評判ですね。
ダンスゲーだけは評判が良いですが、狭い我が家だと激しく動くソフトは色々と難しそうです。
地球防衛軍4はやっぱりサンドロットじゃないと不安が…
地球防衛軍ってゲームとしての各要素それ自体は正直微妙なのに、なぜか妙に楽しいというシンプル2000生まれ故?の絶妙さで成り立ってると思うのですが、外注であの路線が保てるのでしょうか。
COOPなんかはまさに待望の要素ではあるのですが。
色々と話題のアイマス2は…うーん。
男ユニットもPV見る限りはアリだと思うのですが、やっぱり併せて攻略可能キャラ削ったり、オン要素削ったりとネガティブ面が目立つと…
割と2に期待してた部分もあるのですが、しばらくは静観してそのまま動画サイト見るだけゲーになりそうな予感。
とりあえずサラウンド対応マダー?
あとはガンシューターとしてはぎゃる☆がんは外せな…いわけがなく。ガンコンが無いガンシューなんて!(違
wiiリモコンはガンシューに最適でしたが、キネクトはダメっぽいので、今後のガンシュー移植は有るとすればPS3のMOVEになっていくんでしょうかね。

(どうでもいいけど書いてから2日ほど下書きのままになってました。うへ。)
  1. 2010/09/20(月) 01:39:11|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄騎

東京ゲームショウ 2010 で日本を代表するクリエイターによるXbox 360® Kinect™ 専用新規 5 タイトルを発表
『重鉄騎』 (カプコン) 、『Rise of Nightmares (ライズ オブ ナイトメア)』 (セガ) 、
『codename D (仮称)』 (グラスホッパー・マニファクチュア) 、『Haunt(仮称)』 (七音社) 、
『Project Draco (仮称)』 (グランディング) を発表

『重鉄騎』 (カプコン)
『重鉄騎』 (カプコン)
『重鉄騎』 (カプコン)

まさかの鉄騎続編キター!!!!!!!!!!!!!!!!!!111
公式サイト

なぜか最近鉄騎熱が上がっていたところに、まさかまさかの続編!
マッハでキネクト予約しました。wktk。
なんかやたらと人力操作なところをプッシュしていたり、メカ(VT?)のデザインがダサかったり、
そもそもフロムソフトウェアっておかしいだろ常考…とか色々あるのですが、
鉄騎と名前が付いている以上期待せざるをえません。
願わくば、キネクト専用に加えて前作を超える、4万円くらいのファッキンクレイジーコントローラー専用になりますように…

ちなみに最近発見したこの動画が旧箱勢的にはいろんな意味で懐かしくてオススメです。埋もれるには惜しい。
  1. 2010/09/16(木) 21:17:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PSP

ひたすらPSPばかりしていた今日この頃。
入院していたのですが、入院中は携帯ゲーム機が欠かせませんね。
ノートPCでPC版シュタゲ…とか目論んでましたがノートPCの準備が間に合いませんでした。

・ラストランカー
これでもか!ってくらいJRPG要素に満ちたRPG。
ただし、ロード時間やダンジョン構成、移動時間等のとストレスになる要素を排除しまくっているので非常に快適にプレイ出来るのがウリ。
世界強さランキング1位になるのが目的ですが、進むレールが一本道なのでランキング要素は空気。
ゼノギアスとFF8を足して割ったような感じ。ややFF9。プレイ時間は25時間前後。
突出した面白さは無いですが、久しぶりにJRPGやるかな…って人には手軽に楽しめる佳作な気がします。ヌルいですし。
・メタルギアソリッドピースウォーカー
MGSシリーズ5作目。4作目のみ未プレイ。
3以降格闘技が強くなりすぎて潜入感が乏しい気がしてならないのですが、本作は割と戦闘重視かつ部隊を強化していくマネージメントに重さをおいた作りで差別化を計ってるみたい。
PSPの粗悪な操作性にさえ目をつぶれば過去のシリーズと同等の内容+マネージメント要素なので結構遊べます。
演出は相変わらず良い出来。


家に帰ってからヴァンキッシュ体験版。
思っていた以上にグラフィックは綺麗だし、スピード感も有るのですが操作性に違和感。
ダッシュと回避、カバーが全部別操作なのはGoWプレイ後だと煩わしいと感じる部分かも。
シングルプレイ専用ってのもあるので、RUSEを先に買うかも。
  1. 2010/09/11(土) 01:14:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイクリッドはメタル

全然360プレイしてないのでいつも以上にネタが無いのですが、丁度いいところにBlind Guardianの新譜が届いたのでした。

At the Edge of Time (Dlx)At the Edge of Time (Dlx)
(2010/08/24)
Blind Guardian

商品詳細を見る
ジャーマンメタルの重鎮、ブラインドガーディアンの最新アルバム。
国内盤は12曲(10+エディット違い2)、輸入2枚組版は16曲(10+エディット違い3+シングル曲別エディット1+デモ3)なので輸入盤の方がややお得。箱が飛び出す絵本仕様で非常にダサい。
もちろん翻訳や解説が付かないので国内盤+シングルが最強かもしれませんが。

んで、取り上げるべきは1曲目「Sacred Worlds」。あのセイクリッド2のテーマソングですね。(持ってないけど)
ゲーム中のは6分Verみたいですが、CDでは9分。相変わらず濃密なファンタジー世界が繰り広げられてます。
後はPVにもなってる9曲目とか。久しぶりの疾走曲。前作が疾走感皆無でしたので…

個人的にはオーケストラどっぷりな10も好きです。間奏ががApocalypticaっぽい。

と、曲単位で見ていくと割とアリな1枚となっていますが、相変わらずそれ以外がほぼ印象に残らない最近のブラガっぽさもあり、手放しにオススメ出来ない感じも残しつつ。
まだお持ちでないのであれば、3rdとか4thのリマスター盤の方をオススメしたいところ。


ついでにペインオブサルベイションの新譜ロード・ソルト・ワンも買ったのですが、こちらはもはやパーフェクトエレメント1の頃とは別物になってしまっていて残念。これはこれでアリだとは思うのですが。
Perfect Element1 のこの曲が好きです
  1. 2010/09/01(水) 00:35:56|
  2. メタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。