ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

限定版ズ

GOW3。
アマゾンで限定版売り切れてて相当テンションが低かったのですが、ヨドバシドットコムで普通に限定版買えました。
当日に届くしヨドバシドットコムもアリかも。アマゾンよりやや高いですが。
んでGOW3。ハードコアをクリアして、対戦等もボチボチと。
ストーリーモードは前作と比べて場面転換が早く、要らない乗り物パートもなく、テンポよく銃撃戦を楽しめるように。
シリーズ最終作なだけあってドラマ部分も力入ってますが、燃料探せ、的なお使い目的が多くてややテンション低い部分も。
ただ、(シリーズ1作目当初からのプレイヤーには)やや反則な演出があったりと盛り上がるところは十分あり。
過去作の海外版TVCMを事前に見ておくと幸せになれるかもしれませんね。
マルチは2を殆どプレイできなかったので、快適にGoWがプレイ出来るのは嬉しい。
ただ、現在マッチングが不調なようで…

ICO/ワンダと巨像。
こちらはアマゾンで速攻予約しといたので買えました。
評判を知りつつも、両作ともPS2版をプレイしていなかったのでまさに買い時。
まだICOを数十分しかプレイしていませんが、十分に今プレイできるグラフィック。
綺麗なところと、そうでもないところがありますが、壁とかが割とPS3クオリティでキレイ。
サラウンド感もなかなか高くて良い感じです。(サブ環境のTSS-1の5.1chですけど…)
PS3は3D対応しているわ5.1chどころか7.1chまで対応しているわと環境要求スペックが高くて、5.1chでプレイしているとなんか負けた気分が…
スポンサーサイト
  1. 2011/09/26(月) 00:17:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国内版…

プレイアジアで国内版発売前のチャイルドオブエデンが1470円だったのでとりあえず購入。(プレイアジア
XBLAの1200ゲイツ作品より安いってどういうことなの…
もっとも、送料ケチったので届くのはきっと1ヶ月くらい後になるのでしょうけれども。

GoW3、閃サムやライズオブナイトメアに引き続いての本体リージョンによる表現規制が入るみたいで。
どういう基準で本体規制にしてるんでしょう…国内メーカーが出す場合の保身的な意味合いなのでしょうか?
  1. 2011/09/21(水) 00:01:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルーツニンジャ付きガンスリンガー待ち

TGS2011。
…Xbox関連のサプライズな発表って何も無し?
まぁマルチ含めれば十分に弾あるので問題無いといえば無いのですが。
アイマス2やぎゃるがんすらPS3に行ってしまってそろそろアイデンティティの危機が訪れているような。
キネクトのコアゲーがもう少し早く充実してくれれば…
新ハードではとりあえずVITAが結構ガチっぽいのでこれは予約確定。
3DSは値下げしたのでそろそろ…とは思いつつも、右スティック内蔵型が出そうな気がして踏みきれません。

ライズオブナイトメア(RON)クリア。
ボリュームはシングルプレイモードとしては十分。ただ、全体で見るとやはり物足りなさはあり。
全編にカロリー表示つけるとか、HOD2みたいに家庭用モード的なものを充実させるとか。
(RONは元から家庭用ではあるのですが)
プレイ時の満足度は高いのですが、またプレイするか?となったときにやや覚めてしまうのが体感ゲームの難しいところ。
サバイバルモードとか、好きな武器でひたすら殴り合いできるモードがあればベターでした。
後はレギンレイブを超える武器の操作性と鈍器・刃物以外のバリエーション。色々と夢が広がるソフトでした。

RONでキネクト熱が高まったので久しぶりにキネクト尽くし。
ダンスセントラルはモチベーションがあるときにプレイするとなかなかやり込みがいがあって熱い。
ただ、やはり選曲が日本的ではないのでそのモチベーションを維持させるのが大変。
2はエグザイルが採用されたりと曲のチョイスも広がってるみたいなので、ちょっと期待してます。
アジア版から曲引き継げられればいいのですが。セーブデータ連動であれば、実績が日本語化しているので行ける…?

エースコンバット新作体験版。
やたらと敵が硬いながらもおおよそいつも通りの戦闘機パートはともかく、ただひたすら同じ色のテクニカルを的当てし続けるヘリパートはどうなんでしょうか。
ヘリで自動回復ってのも…そういうところまで無駄に海外風にしなくてもいいのに。

いつの間にかセガの新作ガンシュー発表されてました。
ゴーストスカッド続編キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
今のところカードの有無や武器システム等がまだ公開されていませんが、前作の流れを汲む作品なら嬉しい。
HOD4やランボーのようにコントローラーが小型化してないのもグッド。
ハンドガンならともかく、マシンガンを軽くするのは解せない。HOD3の重いショットガンこそ至高。

メタル。
CTTHONIC/TAKASAGO ARMY(高砂軍)
台湾のバンドの6th。これ以前のアルバムは一枚も聞いていないのですが、評判が良いので聞いてみたらツボでした。
シンフォニックブラックメタル(メロデス)+二胡(と、琴?)という、メタル+ヴァイオリンに弱い層狙い撃ち(どんな層だ)なトラディショナル感炸裂の疾走メタル。
時々交じる台湾語とかグっときますね。
他の国内版と比べてやや安いしLive音源やENSIFERIUMのボーカルが歌うボートラ(ただしコーラスのみ)も入ってるので国内版がオススメでしょうか。解説が曲じゃなくてほぼ歴史解説で勉強にもなります。



  1. 2011/09/19(月) 17:56:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライズオブナイトメア

とうとう発売、ダイエット要素の薄いガチなキネクトゲー、ライズオブナイトメア!
さっそくファーストインプレッション。チャプター3の途中までプレイ。
セガによるゾンビゲーというとザハウスオブザデッドが有名ですが、割と似たようなエッセンスは感じます。
内容は完全にキネクト操作になったFPS型簡易Fバイオハザード。序盤の攻撃手段はほぼ近接格闘のみ。
基本攻撃手段としてストレートパンチ、フック、ダブルパンチ、キック等があり、それに加えて
ナイフやら電撃メリケンサックやら花瓶やらとげ抜きやらといった物騒な凶器類が充実。
パンチ系は結構連打可能でオラオラで楽しい。キックも組み込めますが威力は雀の涙。
鈍器・刃物系は流石にあまりリアリティが無く、攻撃感はかなりWiiの「斬撃のレギンレイヴ」に近い。
むしろアッチは実際に棒振り回してるので、チョップが空を斬るのはややさみしげ。
ただ、実際の手応えは無いながらも、ハイデフなグロ描写と気持ちの良いSEが相まって爽快感はなかなか。
部屋でシャドウボクシングしているだけで映画さながらにゾンビと戦えるなんて凄い時代になったものです。
移動は予想通り、ある程度ストレスのある操作系ですが、バイオハザードと同じくストレスも要素の内なのかなと。
スキーみたいに、ある程度なれるとさほど意識しなくても重心移動でキャラは曲がってくれるのである意味リアル。
ただ、前進・後退はよく誤認するのでそこはあと一歩。
グロについては海外版より規制が掛かっているようですが(閃サムと同じく、ソフトではなく本体リージョンによる規制らしい?)、肝心のアクションパートでは規制が無いっぽいので安心です。
今のところ、規制は登場キャラの死亡カットシーン(自キャラ含む)が赤と黒のシルエットになるくらい?
サラウンドとの相性は非常によく、強制的に部屋の真ん中に立たされるキネクト、FPS視点、ホラー、とかなりサラウンド向け。
例えば、こちらが音を立てると瞬殺してくる敵がいて、敵が通り過ぎるまで静止しないといけないシーンがあるのですが、サラウンドなら通りすぎる敵の音が後ろからカツカツ聞こえてくるのでなかなかスリリング。
セーブシステムがやや雑だったりとか、移動速度が遅いとか、気になる点が無いでもないですが、映像・音・体感を合わせたアトラクションゲームとしてはなかなかいい感じの一本だと思います。
  1. 2011/09/09(金) 00:48:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。