ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重鉄騎製品版

重鉄騎製品版。
体験版で慣れていただけに通常操作については特に問題なく進む…はずだったのですが、
体験版時とはプレイ環境が変わった(居間から自室へ)とたん、増える誤操作。
なるほど、海外の酷評レビューも納得の誤操作率。誤操作というか操作不認識。
不認識の理由としてはイスのアームレストと背もたれが大きそう。ベッドに腰掛けたら大分マシに。
ただ、それでも部屋の狭さからか一部動作にストレスあり。
特にコックピット内での振り向きが反応しないことが多い。
コントローラーのボタン空いてるんだから、ボタン操作で振り向かせて欲しい所。
握っているはずのスティック以外の動作は全部キネクトでやらせる、ってこだわりなのかもしれませんが。
ゲーム自体は操作性を除けば前作鉄騎にほど近く、自機が弱く適当に突っ込むとまず死ぬ難易度。
ペリスコープを使った狙撃で敵の足を狙ったりとか、意外と細かい操作が要求されます。
ココらへんは体験版と同じく、普通にゲームゲームしているので特に不満はなし。
問題は案の定QTE的に入れられる特殊操作の強要。
まだ見てわかる操作、殴れとか匍匐前進しろとかはいいのですが、発砲しろとかどうしろと。
キネクトは指認識しないはずだから引き金引けないし…とか思って色々しても結局発砲できず仲間が殺害されたりとか。
ミスってダメージくらいならともかく、ゲーム的にも表現的にもやたらとヘヴィな内容を操作性のダメさで回避できないのは割とストレス。
後は旧鉄騎ほどで無いにせよ、リトライとか、チェックポイントとかがフレンドリーではないので死んだら結構戻されたりとか、強制リトライだったりとか、自爆ボタン押さないとリスタートできないとか、細かなアンフレンドリー感もあり。
とりあえず、現在の環境だともう少しキネクト設定を煮詰めないと厳しいものがありそうです。
普通に戦車ファイティンしてる分には問題ないんですが…
スポンサーサイト
  1. 2012/06/23(土) 22:23:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重鉄騎 体験版!

アメリカタグにて重鉄騎体験版絶賛配信中!(1週間たったのでシルバーでもOK)
日本語化済み!!
なぜ日本では配らない!!!

さておき重鉄騎体験版。
操作性は思っていたより良好。
言われているほど誤作動しない感じ。
ただ、家族がプレイしてるの観てたら結構誤作動してたので個人差ありそう。
コントローラー両手持ちしながらパンチを繰り出しての視点切り替えと、片手バンザイのペリスコをちょくちょく使うくらいで後はコントローラーでほとんどなんとかなりそう。

実際にミッションをプレイしてみるとこれがなかなか、「ぼくのかんがえた鉄騎」に近い!!
操作性こそKinectだけど魂は旧鉄騎ではないか!?
遅さ、重さ、操作のもどかしさ…
開発者が度々「戦闘のリアルさを…」とかインタビューで言っていて、キネクトでクルー殴るゲームのどこにリアルさを求めればいいのか、とか落胆していたものですが、実際にこのリアリティを持ってすればクルー殴るのもアリかと思えるレベル。
クルーの存在も旧鉄騎からするとキャラクタ性が出すぎていて…とか思っていましたが、結構馴染みます。
体験版の1ミッションだけでも、全員生存ルートと、1人逃亡1人負傷ルートで各クルーの描写がかなり異なってきていてただの会話要因に終わらない予感。パーカーが負傷した時のレイナーが熱い。
戦闘は旧鉄騎と同じくHPゲージとか見えないので何が起こっているのか分かりづらいところはありますが、グラフィックの向上もあり迫力は十分。操作性のリアリティ(コントローラー実物)が失われた分をグラフィックでそれなりに補えているようです。

一つだけ気になるのは日本語字幕。アクションゲームだから訳を簡素化したりするのはわかるし、バックログもポーズメニューから見れる親切設計なのですが、それでも簡素化しすぎ。
ナッチがチュートリアル時に自軍のコールサインがブラボー11って説明してるのを訳していないし、ナッチと軍曹がキャッキャウフフしてる際のレイナーのお前ら結婚しろよってツッコミもスルーだし、色々と残念。

ともあれ、期待値がかなり上がったのは間違いありません。wktk。



メタル。
RageのLiveに行ってきたり。
前回の来日時には行かなかったのですが、素晴らしい盛り上がりっぷりでした。前回も行っておけば!
選曲はUnity以降がメインで、ちらほら昔の曲をやる感じでしたがどの曲もライブ映えする熱い曲ばかり。
メンバーも演奏はきっちりこなしつつ、MCでは妙に可愛げがあったりと実に充実したライブでした。
ちなみにいまいち人気があるのか無いのか不明なRageですが、入門するならほぼベストなLive盤From the Cradle to the Stage: 20th Anniversary(アマゾン)か、なかなか在庫が無いものの、個人的にベストなツートップのアルバム2枚組のUnity/Soundchaser(アマゾン)、バラで1枚買うならサウンドチェイサーが超オススメです。

  1. 2012/06/01(金) 22:43:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。