ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギアーズオブウォージャッジメント

GoWJ購入。
正直あんまり興味がなく、前情報全く仕入れていなかったのですが普通にGoWですね。
ストーリーモードはまだ中盤ですが、最初から過去シリーズの強敵が何の説明もなく出まくるので
序盤から戦闘が楽しめる反面、細かく仕切られたチャプター制度と相まってやたらとライトな感じに。
あと最近のFPSやTPS、回想から入るゲーム多すぎませんか。
マルチプレイはまだ全然プレイできていませんが、新武器がHALOのバトルライフルに似てるので過去作とはバランスが変わってくるんでしょうか。

ケイブシューティングコレクション購入。
ただでさえコストパフォーマンス異常なのに、サントラ付いてくるの知らなかったのでお得感2倍。
もっとも、私が過去のケイブシューをほとんど買って来なかったからであって、買ってきていた方々からすれば色々と思うところはあるのでしょうけれども。(インスタントブレインは買いました)
デススマイルズ1とXBLAぐわんげはダブりましたが、興味有りつつも初回限定のフルボイス拡張パック無いならいいや…とかスルーしていた赤い刀とか、そこそこゲーセンでプレイしていた虫姫さまが手に入ったのは嬉しい。
もっとも、まだファークライ3もGoWもクリアしていない上にVitaでデモンゲイズ並行してるので手が付けられるのはいつになるやら。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 13:21:11|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Far Cry 3

Far cry3を購入。シリーズは1と2をSteamで買って入るもののほぼ未プレイ。
パッと見はジャングルを舞台にしたいつものオープンワールド系のゲーム。
プレイ感はシューター色が強いですが。
シナリオを進める、敵が掌握している村を開放する、電波塔を占拠する、といったメインの要素に加えて
動物を狩ったりとか、アイテム集めたりとか、ミニゲームしたりとかのいつものボリュームアップ要素が入ってます。
まだ大してプレイできていませんが、シナリオは割と演出もハデだし、日本語吹き替えだしと良い感じ。FPSならではの魅せ方と、普通のアドベンチャーゲームのいいとこ取りしてるような感じでしょうか。
村の開放も敵が徘徊する中、誰にも見つからずに全員暗殺していくのはさながらスニーキングアクション的です。
ちょっと投石による敵誘導が万能すぎる感じはありますが。
動物は豚やイノシシはともかく、クマや虎は強いので普通にモンスターと戦ってる気分。
狩ると皮が入手できて皮からバックパックや弾薬袋を作れるので狩りに必要性があるのはいいかも。
どうも自分はオープンワールドのゲームは苦手ですぐ飽きる傾向に有るのですが、今のところはFPS的に楽しめているので良い感じです。
あまりサブ要素に手を出すと終わらなくなるのでメインを集中的にこなして行ったほうが良さそう。

メタル…というかロック。
Porcupine TreeのスティーブウィルソンとOpethのマイケルオーカーフィールドが組んだプログレッシブ・ロックのプロジェクStorm CorrosionよりStorm Corrosion: Special Edition(amazon)が熱い。
昨年5月に出ておきながら今更取り上げるのもナンですが。
音楽性的にはOpethなデスメタル要素は全くなく、陰鬱にもなり過ぎない、やや穏やかで不穏なプログレなのですが、何が素晴らしいかというとSpecial Edition付属のブルーレイのサラウンドっぷり。
今まで何枚も5.1chVerを収録したDVD付きのCDは買ってはいたのですが、それらの場合は別にCD版でもいいかな…と感じることが多かったのですが、今作の異次元にぶち込まれたような感覚は今まで体感したことのないレベルでした。
ブルーレイの音質によるお陰なのか、サラウンド化の際のセンスなのかは私には分かりませんが、とりあえず何故か普通にCD買うより安いので買う際はSpecial Editionを買うのを激しくオススメします。(一時は1000円切ってたのが今は2000円くらいになってますね…十分その価値はありますが。)
↓PV。鬱い。

  1. 2013/03/16(土) 22:31:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。