ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PS4発表会

ソニーの発表会がありましたね。
PS4来年の2月22日って…しょんぼり。まぁ予約はしますが。
地味に旧Xboxの発売日と被ってきました(2002年2月22日)。
これでXboxoneも来年濃厚となると、国内の次世代シーンは冷めきりそうです。
海外ではBF4とかの次世代版がバリバリプレイされている中、360版をしょんぼりとプレイするのもなんだかナー。
もっとも、特に欲しいゲームが有るわけではないので、BF4→CODGhost→ロックスミス2014と360だけでも十分といえば十分なのですが。
ゲームが無い期間もVitaとPCの積みゲー崩しとソシャゲ(笑)でなんとかなってしまいそうでは有ります。

発売日はさておき、色々と斬新な要素の多い発表会でした。
新型Vitaは良い感じ。どうせ3G使わないし。軽くなるのは嬉しい。
できれば本体スピーカーを改善して欲しい所です。
共闘ゲームはあんまり興味ありませんが、和ゲーが充実しているのでXbox/PCと被らなくて良い感じ。

そんなVitaのKillzone買いました。キルゾーンマーセナリー
このシリーズを買うのは本作が初めて。
以前HALOキラーとか言われていた気がしますが、結局このシリーズはHALOをキルできたんでしょうか?
さておき、2本のアナログスティックを搭載しているVitaならではの「普通のFPS」。
それに加えて携帯機のレベルを超えるグラフィック、と携帯機も遂にここまで来たか、という感じがあります。
アナログスティックでの操作は360コントローラーと比べると決して快適ではありませんが、慣れればそれなりにエイムもできます。
XとY軸で個別に感度調整出来るのは非常に良い。ただ、タッチ強要なのは相変わらず他のVitaゲー同様ダルいのですが。
ゲーム性的にはHALOよりはCOD寄り。敵は比較的柔らかく、どんな武器でもヘッドショットできるのでサクサク進みます。
ジャンプしたり走ったりも出来ますが、ジャンプしながら撃ったりは出来無い現実的な仕様。
おそらく、殆どのシーンでステルス進行ができるようになってる辺りは面白い要素です。
大抵のシーンは敵を全部倒すと先にすすめるようになるのですが、サイレンサー付きの武器や近接攻撃で敵を倒せばドンパチせずに進められる事が多いです。
武器が購入制で自分で新しい武器を買わないとずっと同じ武器でマンネリしかねませんが、逆にプレイスタイルに応じて常にサイレンサー付きスナイパーライフル持ち歩いたりとか出来るのは面白い。
ストーリーは過去作を知らないのでアレですが、割とどうでもいい感じ。キャラもただの傭兵だし。
オマケにマルチプレイも搭載。まだフリーフォーオールしかプレイしていませんが、10人までの対戦が出来るみたいです。
敵の真後ろにリスポーンしたりとか、全員無線だからかややカクカクしたりはしていますが、普通にFPSの対戦がオンラインで出来るってのは驚きです。
ただ、わざわざ手元のVitaでマルチプレイするくらいなら据え置き機なりPCなりで16人対戦とかしたほうが良いような気がしてなりませんが…
外出時でもFPSマルチが出来なくもない、ってのはメリット足りうる?
スポンサーサイト
  1. 2013/09/09(月) 21:31:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬱ゲー

Spec OPS:The Lineをクリア。クリアまで6、7時間くらい?
FPSにしては珍しく、ストーリーが面白いゲームでした。
あと、核兵器とか生物兵器とか化学兵器の入ったミサイルとかスーツケースとか科学者とか出てこない久しぶりのゲーム。
いい加減ABC兵器盗まれるシナリオはやめて欲しい。
ストーリーはできればあんまり前情報仕入れずにプレイしたほうが良い作品だとは思いますが、
事前にCODシリーズとか、アメリカ万歳系の作品に触れておくと落差が大きくて楽しめると思います。
プレイ中はかなり鬱ゲーなのですが、その割に終わりはさほど重くない…とか思ってたら
PCゲーム道場様のレビュー及びネタバレ記事を読むと色々とオウフとなったり。
ゲームとしては今流行の武器のカスタマイズだとか、乗り物だとかはあんまりありませんが、そこそこのグラフィックと爽快さのあるシューター部分、割と珍しいドバイが舞台と悪くありません。
ただ、ストーリーの内容と、シューティング部分にやや違和感があるというか、ゲーム中に敵が多すぎるのが残念。
モラルを扱うテーマの割には主人公部隊がランボーし過ぎで、どう考えても1000人単位で人殺ししているのはどうなのか。
ゲームにするにあたってやむを得ないとはいえ、戦闘パート減らしたほうが絶対ストーリーは引き立ったとは思う。
そんなわけで面白いのに胸糞悪いゲームがプレイしたい方にはオススメです。PC版だと割とスパスパ首が飛ぶ。

パシフィック・リム観てきました。IMAX3Dで。
非常に良かったです。ロボが姿を見せるだけのシーンで感動を覚えるレベル。
チェルノアルファカッコイイよチェルノアルファ。
燃える要素をコレでもかと入れてきたり、しつこいくらいテーマソング流したりとツボを的確に突いてきます。
そしてやはり勢いでXBLA版のパフィフィックリムも購入しましたが、これはややコレジャナイ感あり。
BGMも違うし、声無いし。劇中のイェーガーを操作出来るのは嬉しいですが…
対人戦はプレイしていませんが、ちとエネルギー管理がシビアすぎるような。
ガンガン攻める、と言うよりは間合いの取り合いと隙を付くための位置取りがメインなため絵的にかなり地味。
せめて、声とかの演出があれば…
  1. 2013/09/01(日) 15:03:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。