ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大鳳か?大鳳のせいだったのか?

kancolle_20150222_094304.png
あの後、連続で大和レシピ回してたらようやく武蔵出ました。この数日新キャラ連発でテンション上がります。
ようやくと言っても、大鳳レシピをン十回とか回していた頃に比べればなんと楽なことか。
これは先日大鳳が出たことで何かしらのツキモノが落ちたのでしょうか。
あぁ、後は大和を残すのみ…

映画 アメリカンスナイパーを観てきました。(ネタバレ少し)
ほぼ映画としての前情報は入れずに観に行ったので(さらにまだパンフレットも読んでないですが)
てっきりクリス・カイル氏の内面にスポットを当てたドキュメンタリ色の強い映画だと思っていたのですが、
割と戦闘シーン多め、アクション色が強くて意外でした。IMAXで観てよかった。
ゼロ・ダーク・サーティとかよりはかなりアクション寄り。ハート・ロッカーくらい?
そんでもって、これも意外に非常に映画的な「敵役」が用意されていて、スナイパー対決映画としても成り立っているのは
興行的な狙いなのか、マジの実話なのかが気になります。
ロシア系狙撃銃がカッコ良かったです(小並感)ドラグノフは撃ったので次グアム行ったらM700系が撃ちたい。
ちなみに、R15指定なだけあって、1箇所だけやや(精神的に)グロいので注意です。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/23(月) 01:55:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦これ冬イベント完了

kancolle_20150221_205139.png
OK、艦これイベントクリア。甲で。
今まで2013年の秋イベントからフル参加している割にはアルペジオコラボと昨年秋のミニイベント以外
ラストミッションをクリアしていなかったヘタレですが、今回は割と入念な下準備のお陰でなんとかクリア出来ました。
ゲージ削り後の出撃回数は6回。
ただし、朝10時から準備を初めて、ずっと準備(主にキラ付け)して夜8時クリア、というぐったりっぷりでした。
一日で終わって本当に良かった…道中支援部隊が一度3重キラ付けした後、一度もキラキラが切れなかったのが救いでした。

自己満足のために艦隊記載すると
第一部隊(連合艦隊水上部隊)
長門改 L97 試製41、試製41、一式徹甲+1、観測機
陸奥改 L96 試製41、38cm改、一式徹甲、観測機
霧島改二 L98 試製35.6、ダズル、観測機、九一徹甲+2
金剛改二 L95 試製35.6、ダズル、観測機、九一徹甲
加賀改 L95 烈風601、天山友永隊、烈風改、烈風601
明石改 L42 高角+高射砲+4、13号電探改、新型缶、修理要員
第二部隊
綾波改二 L86 53cm艦首魚雷、五連装酸素魚雷+1、五連装酸素魚雷+1
北上改二 L95 甲標的、SKC34、SKC34
大井改二 L95 甲標的、20.3(2号)+1、20.3(3号)+4
ビスドライ L95 38cm改、46cm、観測機、FuMO
神通改二 L84 20.3(3号)+4、20.3(3号)+4、夜偵
夕張改二 L86 12.7B型+4、12.7B型+4、照明弾
第三部隊(道中支援)
扶桑改二 L88 35.6、35.6、38cm、22号電探改四
山城改二 L88 35.6、35.6、38cm、14号対空電探
初霜改二 L70 12.7連+4、12.7単、22号水上電探
吹雪改二 L70 12.7連+1、12.7単、22号水上電探
隼鷹改二 L82 彗星一二甲、彗星一二甲、流星601、流星改
隼鷹改   L62 彗星一二甲✕4
第四部隊(決戦支援)
比叡改二 L95 35.6、35.6、33号水上電探、14号対空電探
榛名改二 L95 32号水上電探、35.6、33号水上電探、35.6
飛龍改二 L94 彗星一二甲、彗星(江草)、彗星一二甲、彗星一二甲
蒼龍改二 L94 彗星一二甲、彗星601、彗星一二甲、彗星一二甲
雪風改  L78 12.7B+4、12,7単、22号水上電探
島風改  L78 高角+高射砲+4、12.7単、22号水上電探
ケッコンカッコカリ?知らないシステムですね…(就任17ヶ月目)
電探の貧弱さが目立ちます。試製41はもう一本欲しい…46ならたらふくあるのに。

なお、E5では使いませんでしたがイベント全体でのMVPは時雨改二(L85)+高角+高射砲+4✕2+電探。
最優秀装備は艦隊司令部施設。次点で20.3(3号)+4と高角+高射砲+4でした。
秋月砲2本持ち時雨の頼もしさは異常。あと+4が作るの割と楽な上に効果がデカイ。+4と言わずとも、改装マジ重要。
E5は結局金曜土曜の2日でやる羽目になったのですが、火曜だか水曜の内に急いで3号砲の+4を量産しておいて正解でした。
艦隊司令部施設は有ると無いではゲージ削り時の快適度が段違い。
なお、攻略記念に大和レシピを回した所4時間と4時間30分でした。これはアニメ版にすら先を越される予感。
  1. 2015/02/21(土) 22:19:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謎の幸運

kancolle_20150216_000520
艦これのイベント。
特にレア艦掘りとかせずにE3までクリアしただけなのですが、何このレア駆逐祭。
一昨年の9月に就任した割と古参提督ですが、ようやく初風ゲットです。
後は、未入手の艦は磯風、舞風、朝霜、矢矧、酒匂、大和、武蔵。…割と多いな。

サバゲーで既にインドア用としてはL96投入しましたが、やはり野外用としても使いたい。
その場合、流石にL96+Glock18C、もしくはP226だと火力不足、と言うか
そもそもガスガンがこの時期屋外じゃ使いものにならない!というわけで
なんとか再度ウェポンとしてCYMAのMP5Kとの併用ができないか模索中。
(きっと、最初の2ゲームくらいでL96を投げ捨てて残りのゲームはMP5ばかり使う事になるとは思いつつも。)
まずはLibraのウェポンキャッチを購入してみるも、コレだとノーマルのMP5はOKですが、現在のRAS化してドットサイトとバッテリーBOX外付け状態だと太すぎて無理っぽい。
そこで、前々から気になっていたS&S Precisionタイプのウエポンリンクを導入。
これならレールシステム付きのMP5でも…と考えたのですが、実はこのウェポンリンク、ピカティニーレールを横からではなく、正面から固定するタイプの固定方法だったのです。
つまるところ、自分が使っているこのレールの場合、サイドにしか山が無く、中心部を軽量化のため?に省略されてしまっているため、固定ができません。
なんというトラップ。こうなったら、嵩上げレール等を使ってレールを改良するか、更に他のモノに手を出すか、諦めてレール付けていない東京マルイのMP5Kを使うか、もしくは専用ホルスター等が豊富なMP7を買うしか有りません(コラ)。
  1. 2015/02/16(月) 01:25:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハードラインベータと射撃アプリ

順調にプレイ中。
ちょっと気になるのは、ヘイストがイマイチ面白くない所。
コンクエストは好きなんですが、そうなると結局いつものBFに…
XboxOne版は64人数という大人数のお陰か、戦車が無いおかげか、やたらとスナイパーが使いやすいイメージ。
過去の作品だと全然使えなかったんですが、今作だと割と戦えてます。
とりあえず、最近エアガン買ったL96を早速アンロックして、初期銃からのパワーアップっぷりに感動しています。
惜しむらくは、コレが犯罪者専用ということ…今回の武器の警察・犯罪者の振り分けはあんまり実勢力を考慮してない感じ?

いまさらですが、ShotSynthというスマホアプリを初めて導入しました。

基本無料で、拡張機能のみ有料。
エアガンの発射音をヘッドホン経由で実弾の射撃音とリンクさせる、という文字で見るだけだと何が楽しいのか分からないアプリですが、
実際に使ってみると、すんごく楽しいです。革新的とも言えるレベル。
搭載されている銃声はそれなりにリアルで(一部ン?と思う物もあるけど)、残響まできちんと処理されている物が多く、
かつ密閉型のヘッドホンを使用することで実銃射撃に用いるイヤーマフ感を出すことが可能です。
オススメは10歳以上用の電動ブローバックハンドガン、コンバットデルタ。
単体でも、トリガーを引くたびにガシャンガシャン!という小気味よい音と共にブローバックが味わえる、楽しい空撃ちハンドガンなのですが、
このアプリを使用することで一切動作性を損なう事無く、オモチャのガシャンという音が実銃のソレに置き換わります。
さらに、無料でも遊べるこのアプリですが、有料のアドオン(300円)を入れることにより、ハンドガン以外にもショットガンや大口径ライフル、映画風サイレンサー等の音も使えるようになるため、
コンバットデルタ1丁でアサシンごっこから大口径スナイパーごっこまで出来てしまいます。
このアプリはマイクで音を拾った際にイヤホンから音を出す、という仕組みのため、ショットガンや普通のエアコキハンドガンは
コッキング時の音の方が発砲音より大きいため不向きですが、コンバットデルタは動作音がうるさいのでアプリには最適。
さらにガスもいらないので経済的。
エアガンという媒体上、いくら見た目がリアルでも、ブローバックがあっても、音の部分はどうにも誤魔化せない部分がありましたが、
ヘッドホンで本来の動作音を遮断しつつ耳に直接SEを流し、かつ手にはブローバックが残る、という完璧な流れに今までに無い「射撃感」を体感することが出来ます。
ちなみに、やや設定を弄る(音を拾う感覚を狭める)必要が有りますが、普通の電動マシンガンでフルオートして全部音を拾うことも可能。
MP5だけでも9mmサブマシンガンからトンプソン、M4や大口径マシンガンごっこまで出来てしまうというエアガン好きにはまさに夢の様なアプリでした。
設定の使いづらさやSEの種類など細かく気になる点が無いでもないですが、手元にエアガンがある方なら是非オススメです。
  1. 2015/02/09(月) 01:26:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バトルフィールド ハードライン ベータテスト

バトルフィールド ハードラインのオープンβテスト開始。
以前のオープンテストの時は何か地味な感じのゲームだった気がしましたが、
今回のは今のところコンクエスト大しかやってませんが、とても楽しい。
久しぶりにMP7じゃなくてMP5が採用されてたり、M16とか出てくるし、初期ドットサイトはエイムポイントのT1だし、
何これ東京マルイスポンサー?ってくらい日本のサバゲシーンと親和性が有って素敵。
スナイパーの初期装備のサイドウェポンがグロック18だったりとか、メディックの武器にHK416があったりとか
警察なのにMP5がMP5Kだったりとか、かなりピンポイントに手持ちの装備との一致感があってたまりません。
全体的なノリの重さというか重厚感みたいなものはやはりBF4の方があるのですが、
妙に人口の密集度が高くてワラワラ感があります。なんともスポットしがいのある密度です。
正直コンクエストモードをやっている感じでは全く警察VS犯罪者感は無いのですが、
逆に前回のテスト時に感じたコレジャナイ感は払拭されているように思います。
あと試合終了後のロードと待ち時間が異常に短くてテンポが非常に良いです。
この調子だと割と製品版にも期待が持てそうです。

追記。
アニメ版艦これ。
あの3話・4話から不安しか有りませんでしたが、5話で普通に持ち直していて驚愕。
ああ、こういうのが良かったのだと。最初からこの路線でやってれば…
もう今後地味な作戦→ピンチからの勝利→席替え→作戦~のループでひたすらキャラを掘り下げて
最後に鎮守府のピンチを総出撃で大勝利、戦いはまだまだ続く、
みたいな一切進展のないオチで進まないものでしょうか。
  1. 2015/02/04(水) 23:50:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。