ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

E3 & Gears of War Ultimate

今年のE3。
そもそも去年のE3について何も印象に残っていないのですが、今年のE3は大豊作でしたね。
個人的に気になったのはゴーストリコンワイルドランド。
PVで颯爽とコカイン強盗しでかすゴーストの方々に、初代ゴーストリコンで必死こいて隠密行動してた時のことを考えると
ゴーストとは一体何だったのかと思わずにはいられません。
確か隠密行動のプロフェッショナル的な軍事組織だった気がしてならないのですが。
レインボーシックスの新作ともども、最近ミリオタ化が進んできた自分にとっては大変ホットなのですが、
惜しむらくはバトルフィールドの経験から考えるに、2作ともPS4版を買ったほうが良さそうなことでしょうか。
主にオンライン人口的な意味で。あとRSの方はXbox版は限定版無いみたいですし。
XboxOneのエリートコントローラーの無駄な多機能っぷりには惹かれるし、相変わらずコントローラーだけならXbox一択なのですが…

そしていつの間にか始まった初代のギアーズオブウォーリメイク、Gears of War Ultimateのベータテスト。
特に何も登録とかした記憶が無いのですが、参加権が送られてきました。
なお、メールが来ても日本からはベータ本体を入手することが出来ないので
Xboxoneの本体設定→システム→言語→English→地域→Canada
とすることでベータのコードが使用可能になりました。別にカナダである必要は分かりませんが、とりあえず実例として。
ダウンロード(インストール)及び参加パスの適用後は言語を日本語に戻してもOK。

で、ベータですがあんまりマルチはやり込んでなかった自分が数試合やってみた感じとしては、
割と初代Gowを忠実に再現した感じでした。Gridlockとか超懐かしい…
グラフィックは流石に綺麗ですし、60FPS化やらモーションの作り直しやらで磨きがかかってはいますが、
体感的にはやはり初代そのまま。
というか初代の時点でグラフィックに全く不満が無かったのですごく綺麗になった!という感想はあんまり無く。
バランスもそのままであれば、またショットガン殴りだとかグレネード殴りだとかが跋扈する超近接戦闘ゲーになりそう?
ベータなので仕方がないとはいえ、BGMが無いのと、やや効果音の派手さが減った?っぽいので淡々とした感じなのは狙いなのか、調整中なのか分かりませんが、当時のイメージだともう少しハデだったような…
あとはキャラ選択で武器の色を変えられるようになった割には味方とのキャラかぶりが確認できなくなってたりと地味にインターフェイスも変わってたり。
グロさについては言うまでもなくベータ版は海外版なので肉片祭り。とは言え、断面とかはそこまでグラフィック向上した感は無く。
国内版が出るとして規制はどうなることやら。ヘッドショット規制だけは面白さに直結するのでやめて欲しい所です。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 02:01:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サバゲするより買ったりイジったりするのが目的感

2015-06-06 01
メインウェポンのHK416を塗装。
砂漠でもないのに銃の一部にフラットダークアースって何なの?パンダなの?
と思って今までは黒一色にこだわっていましたが、最近割とどうでも良くなってきたのでパンダ化。
なお、トリガーガードのマグプルレプリカのみ、形成色がFDEで他は素のマルイHK416の上からインディのダークアースです。
手順は
1 パーツクリーナープラスチックセーフ(KURE)で洗浄
2 ミッチャクロンマルチ
3 インディのFDEを重ね塗り
という感じ。パーツクリーナーだけでは脱脂が十分ではなかったらしく、ストックはかなり色のノリが悪かったです。
流石に頬付けするようなストックや、手で握る部分は洗剤でゴシゴシ洗ったほうが良いかも。
あと、雨降ってたので狭いベランダ的なスペースでガンガンスプレーしてたところ、かなり喉と目がやられました。
マスクとゴーグルマジ大切。それと、屋外塗装用に火を使わない蚊よけの何か。

ここまで色々と塗装していて分かったのですが、エアガンの塗装には2種類あって
最初からその色だったように見せる場合と、そうでない場合、ってのがあるみたいです。
要は模型的な塗装が前者で、「戦場で必要にかられて塗った」のが後者(わかりづらい…)。
自分の塗り方は前者で、マスキングして塗ってるのでそれぞれのパーツがFDEカラーのパーツ、という風にしていますが、
おそらくは(メカ部分以外の)マスキングをせずに、全体をFDEにしてしまった方がカッコ良かったんだろうな、とか思ったりも。
なので、やや手遅れ感はありますが、あえて最後にクリアパーカーは塗らずに終わりにしてみましたが、使ってみてどうなることやら。
まぁ次はType96をクリス・カイル氏のWIN MAGっぽくしようかナーと思っているので全塗装はそっちで。

ついでに小物塗装。今回はファストマグ。
ファストマグは各種マガジンをしっかりホールドして屋外を走り回ることができる超優秀マガジンポーチ。
レプリカながら、性能は写真の隣に写ってるTACOポーチ(実物)を超えると自分の中で話題に。
で、このファストマグ、オリーブドラブ色をラインナップしているどころかマルチカムだろうがマンドレイクだろうが有りますが、
意外と在庫は無いので欲しいサイズを欲しい色で入手するのがかなり困難だったりします。
そんなわけで
2015-06-06 02
コレを
2015-06-06 03
こんなかんじに。オリーブドラブのどんな装備にも大体合う感はとても心強い。
こちらはインディではなく、タミヤカラーミニのオリーブドラブ2を使用。
オマケに使い古された洗濯ネット迷彩をタミヤの濃緑色(陸上自衛隊)と、タミヤのダークアースで挑戦。迷彩効果は皆無。
日本の植生的にはODよりも陸自緑の方が良さそうではあるのですがこのスプレーはやや明るすぎる感がありメインはODにしました。
(もっとも、最近インドアにしか参戦してないので迷彩効果とか無意味ではあるのですが。)
BlackHawk!のSpotrsterホルスターも同様に。
これらはHK416とは違い、劣化で味を出そうとか全く考えていないので、
ミッチャクロン(1回)→タミヤOD2(2回)→クリアパーカー(2回)としています。
(無駄な迷彩していない)ホルスターは元からODだったかのような色と質感に。

さて、塗装ばかり弄っていますが、メカボックス開けっ放しのMP5直したり、ピストンヘッド交換したらガスの持ちが半分以下になったP226E2直したり、
修理のために分解したらバネが消滅したType96のマガジンのバネ探したりしないと…(壊しすぎ)
  1. 2015/06/07(日) 00:36:15|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。