ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

分かりづらい色見本的な

カラーテスト
インディのダークアースとタミヤのダークアース、あとコヨーテタンの色の違いが分からん!
と自分で思っていたので比較図を作ってみました。
カンタンに言うと
タミヤのダークアース:茶色
インディのダークアース:黄土色
インディのコヨーテタン:濃い目の肌色
くらいのようなイメージ。
なお、コレは屋外で(かつiphoneで)撮影しているため、室内だともう少し濃く見えます。
厄介なのが、同じダークアースの既成品でも、マグプルレプリカのトリガーガードのダークアースはインディのダークアース色で、
ANSのレールカバーのダークアースはタミヤのダークアース色だったりと
ダークアースの定義がマチマチな所。コレばかりはモノに合わせるしかありません。
とりあえず、マグプル系ならインディで良さそうな気がします。
一方、オリーブドラブについてはインディのが無いので比較できませんが、タミヤのオリーブドラブ2なら
比較的タスマニアンタイガーのオリーブドラブや、A-TACSやマルチカムの緑と合うように思います。
(TMCのマルチカムはレプリカなのであまり参考にはならないかも。)
とりあえず、個人的には悩んだらインディ買っておけばいいと思います。容量や使いやすさ(タレづらさ)的な意味でも。


今更マッドマックスの爆音上映観てきました。
前3作は割とミリタリー要素薄めだったのですが、今作はベレッタやらグロックやら出てきて嬉しかったです(小並感)
まぁそんな小ネタ的な部分は火を噴くギターとかの前には霞んでしまうのですが。
自己主張の塊のギターがマジMAD。
(セリフの「Insane」を「狂気」と訳した上で「MAD」とルビ振るのは何か違うと思う。)
映画自体は過去3作から美味しい要素だけ集めてアクション比率上げたという素晴らしい脳筋っぷり。
Falloutが好きなら見といて損は無いと思います。
1作目(ヒャッハー要素かなり薄め)を事前に見ておかないと何でMAXさんが幻影見たりするのか分からないのがややネックでしょうか。
2作目は傑作なので見るとして、3作目のサンダーストームは特に観てなくても影響無い感じでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 02:26:45|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

World of Warships 始めました

wow0705.jpg
マジでpoiが挨拶になってて戦慄を覚えるWorld of Warshipのβテストを始めたっぽい。
World of Tanksの時もそうだったんですが、この会社のゲーム、自分が死ぬ→ゲームが終わるの待たずに次のゲームへ、
という感じで連戦が非常に快適なので、気が付くと半日経っててフフ、怖い、となるので割と危険です。
偏差射撃のみでなかなか当たらない主砲、思った通りに動かない船体、気がつけば逃げ道を塞いでいる魚雷、と
ほぼ「もどかしさ」で組み上げられているゲームなのですが、それだけに相手の動きの先読みと適切な操舵と思い切りで
ココだ!というところで主砲や魚雷をブチこんで敵を轟沈させるのにはなんとも言えぬ達成感があります。
オート操舵もあり、開戦直後がややヒマ(空母については知りません)なのが今のところやや不満といえば不満ですが、
βのため?もありかなりテンポよくレベルアップや新パーツ・新艦船が入手できるので止め時が見つかりません。
とりあえず空母や戦艦を出すまではプレイしたい所。βから製品版の引き継ぎってあるんでしょうか…
  1. 2015/07/05(日) 02:48:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対比効率は良い(満足度比)

サバゲ関連。
l96a_R.jpg
クラウンモデルのtype 96 seniorの塗装完了。
モデルは先日も紹介したクリス・カイル氏の.300WinMagです。
(映画見てる間欲しくてたまらなかったMIRSレールシステムですが、日本では手に入らないんでしょうか…)
今回使用したのは本体にインディのコヨーテタン、ストライプ部分にタミヤカラーエアモデルスプレーのAS-22ダークアース(RAF)。
AS-22ダークアースは見ての通り、インディのダークアースとは違い、明らかに茶色系なので使い道に困ってたのですが
茶色として使う分には割とコヨーテタンとマッチしてるように思います。
写真だとやや明るすぎるように見えますが、実物はやや暗め。
なお、写真は枯れ葉の上なので割とカモフラージュ効果があるように見えますが、
l96b_R.jpg
芝等の緑の中だと中々浮きます。もっとも、普通に木々の中に隠れる分には元の真っ黒よりはマシかもしれません。
そんなわけで、アマゾンで1万2千円程度で買えるし、質感の安っぽさは塗装すればなんとかなり、
性能は中々の集弾性に加えて90m/hを超える弾速のクラウンモデルType96senior、
交換用のマグが未だに発売されてないことを除けば中々オススメです。(そこがサバゲで使うには死活問題なんですが)
先日Junior版(10歳以上用)ながら、フォールディングストックのType96も発表されていたので、できればSeniorのフォールディングストック版も出して欲しいものです。
正直今出れば替えのマガジン用だけでも買いたいくらい。あとは300WinMagの元ネタの方もフォールディングストックなので。
l96b
(在りし日のType96Seniorさんwith M320)

サバゲ関連動画。

毎度カッコイイPVとHK416の登場率に定評があるスロベニアのミリタリー装備品メーカーUF PRO社の、コンバットパンツのPV。
以前から演出のレベルが高かったのですが、今回は完全に力を入れる方向間違った感じでお気に入りです。映画化待ったなし!
  1. 2015/07/01(水) 00:45:09|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。