ワイタの仮雑記

艦これ2017夏イベントとサムライスピリッツ零SP PS4版

艦これ夏イベントは甲・甲・甲・甲・甲・甲・丙のE7超妥協っぷりを発揮し、2度目の丙提督に。
時間はあったはずなのに時間があると逆にやる気が出ない。
まぁ2016春で甲勲章逃してるので今更甲に拘る必要性も薄いし…(自己弁明
とりあえず掘る予定のなかった駆逐艦まで全部掘れたので良しとします。
今回は画像無しですが、今回役に立ったのは以前のPT用に用意した改修済みOTO砲×4と、改修済み零戦62型(爆戦/岩井隊)。
岩井隊は(先人達の詳細な制空値情報が必要とは言え)有ると無いでは空母を対空専用物置にするか、攻撃できるかのボーダーに影響する場面が有るので非常にデカイです。


で、そんなことよりサムライスピリッツ零SPです。
祝移植!祝復活!
移植度的なものについては、現時点では特に言うことが無いです。
見た目も体感も当時の零SP。良くも悪くもそのままです。
画質はオプションでいじれるので、自分はスキャンライン無し、スムージング無し、拡大無し、ちらつきフィルター有り、枠なしの状態でプレイしています。
今のところ、これが一番ゲーセンでの環境に近く、かつストレスが無い感じ。
メインの対戦は今までのSNKゲーと同じ、観戦とかできない最低限のシステムなのが残念ですが、とりあえず国内ならラグもさほど無く、かつ対戦のテンポもゲーセンと変わらないので必要十分。
「ネット対戦できる零SP」というだけで、十分に値段以上の価値があります(※個人の感想です)
とりあえずいくつか気づいた点とかTIPS的なのとか

・零SPのアーケードモードの内容は当時のまま。つまり、対戦の練習にはほぼ全く役に立たない、超反応CPU様に遊んでいただくだけのモードです。
 アーケードクリアしたら対戦デビューしよう…とか思いがちですが、CPUへの戦略は対戦ではほぼ役に立たないため、初心者の方はさっさと基本操作だけ身につけて対戦しまくった方が吉。
 アーケードで何年もプレイしてた自分ですら対CPU戦は安定しません。
 (※背面からの最大コンボの練習とか、特定の技への確定反撃チェックに使うとか、ニッチな使い方は出来なくもないですが)
・非常にありがたい事に、有効な攻略サイトがいくつも現存(復活)しています。
ぽんしゃぶ弐号(特にシステム関連)
-明鏡止水- 初心者救済サイト。◇゚ in 雨峠(特にセオリー等)
侍魂零掲示板(当時のしたらば掲示板)
これらを活用すれば今からでも知識的な部分はかなりフォロー可能。
なお、自分が作ったサムスピ攻略は上記サイト様が存在する以上、特に参考にする必要は無いです。はい。
・RAPV4隼(リアルアーケードプロ)を使用する場合、タッチセンサー及びタッチボタンが存在しないため、デフォルトでは「スタートボタン」がタッチボタンに設定されているので変更する必要があります。変更しないと武器捨て挑発、自決、及び勝ちラウンド時のスキップができません。
・同時押しボタンを「なし」にすることが出来ないため、アケステでも誤爆しまくります。境地のつもりで怒り爆発した回数が既に2桁に届く勢い。
 先に述べた「スタートボタン」をできるだけ誤爆しやすいボタンに配置することで、やや誤爆率を下げることが出来る、かも。
・ネット対戦のPINGは10~60くらいがゲーセンと遜色なし、60~90くらいがたまにラグるけどなんとかなるレベル、150くらいからほぼ常時ラグ、200超えると常時無の境地となります。
 相手が多い今の段階では100以上の方は対戦しない方が両者のためな気がします。
 なお、PINGは相手を探す段階では表示されず、さらに入室してもすぐには表示されないため、対戦相手入室後暫く待つ必要があります。
 この時、表示まで異常に時間がかかる場合は200超の場合はほとんど。
 片方が○ボタン押して「Ready」状態になると表示が早くなる気もしないでもないですが、そうすると対戦が始まるリスクも高まる諸刃の剣。

などなど。
プレイしていて、全然勝てない相手に出会ったりだとか、現役時代に食らったことのないようなコンボ食らったりとか、正直非常に楽しいので是非今までプレイしていた方も、初めての方もプレイしてみると良いかと思います。
というか、既にランキングの上の方が見たこと有る方ばかりのような気もしつつ。
  1. 2017/09/18(月) 14:16:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のサバゲ装備・ポーランド等の装備など

以前に買った、とだけ書いて放置していた北欧系+その他のサバゲ装備品の紹介。
長いので畳みます。

IMG_1875_R.jpg 
続きを読む
  1. 2017/09/10(日) 18:45:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0