FC2ブログ

ワイタの仮雑記

Atmosの暴力(Call Of Duty Modern Warfare)

最近のゲーム記。

COD MW買いました。PC版。
これだけは言っておきたいのですが、
過去作と比べてどうだとか、マルチプラットフォームが便利だとか、
そんなことはさて置き

「サラウンドが超ヤバい」

これです。今作はコレだけで買う価値があります。Dolby Atmos万歳。
直前までドルビーアトモス対応のギアーズ5をやっておきながら、これです。ちょっと次元が違う。
どんな作品であっても、臨場感を出すためにサラウンドを活用してきたわけではあるのですが、
本作の戦場の再現っぷりはヤバい。
特に、Atmosでの上空を含めた包囲感が過去のありとあらゆる作品(映画含む)より派手。
キャンペーンモードなんて最初からヘリ!空爆!燃焼音!マシンガン!とサラウンドのテーマパーク状態。
とてもたのしい。今までで一番天井スピーカーを鳴り散らかしてる。
派手ならいいのか?とか、それはリアルなのか?とかいろいろな考え方はあるとは思うのですが、
これだけの臨場感を出されると「聴きたかったのはコレだよコレ!」となります。
持っててよかった天井スピーカー。買ってよかったPC版。(XboxOne版でもOKなはず。OneXだけ?)
確かにギアーズ5とかでも頭上の音の表現はあったのですが、
それは「音」を表現するレベルだったのに対し、
MWは天井を含めた、半球状の「空間」をリアルタイムに表現するに至ったレベル。
(※ギアーズ5はチャプター2までしかプレイしていないので、後半凄かったらごめんなさい)
普通のグレネードの爆音とかもすごい。マルチプレイでもすごい。
多分、家電量販店とかのオブジェクティブオーディオのデモでは当分コレが使われるのでは、
とか思うぐらい派手かつ臨場感溢れるので、サラウンド環境がある人は是非プレイするべき。
というか、巷で騒がれていないのが理解できない。絶対感動するのに。
そんなにAtmos勢は少ないのか…?PS4版が対応していないせいなのか…?

なお、「天井スピーカー」とか「Dolby Atmos」というと非常に難解かつ導入が困難なように聞こえますが、
要は、「Dolby Atmos」という音声形式に対応したAVアンプと、天井に付けるスピーカーを2つ若しくは4つ用意すればいいだけなのです。
できれば、5.1chのスピーカーと合わせて使いたいので(後ろの音も空間再現には重要)、前後に6つのスピーカーと、天井に2つもしくは4つのスピーカー、となります。
天井にスピーカー付けるなんて大掛かりだし工事も大変そう…とか思われる方もいると思いますが、
IMG_2094_R.jpg
つっぱり棒から吊るせばOKです。賃貸だろうが、四畳半だろうが余裕です。(むしろ狭いほうが楽)
スピーカーなんて安くていいです。
というか、この画像のスピーカーは9800円で買った5.1chセットの付属品なので、
間違いなくつっぱり棒の方が高いです。※ASP-2070のスピーカーなので音質はそこまで悪くない。
何故かオーディオ雑誌等だと、地上から天井に音を反射させるイネーブルドスピーカーをやたらと勧められますが、多分この方法の方が安くて確実にサラウンド感を得られるかな、と。
ベストは天井にマトモなスピーカーを穴開けて固定したほうが良いですけども。
アンプはエントリークラスなら3万円くらいから手に入るので、スピーカーから音出してゲーム出来る方は是非。


オマケに、リングフィットアドベンチャーも買いました。
フィットボクシングが有酸素運動メインだったのに対し、コッチは筋トレメインっぽい。
流石に任天堂謹製なだけあって、アッチよりは全体的なクオリティが高い。
とにかく隙あらばスクワットさせてくるあたり非常に好感が持てます(何が)
そんなわけで、スイッチは相変わらずトレーニング機器と化しているのでした。
特典のためだけにサムスピは買う予定ですけれども。
  1. 2019/10/27(日) 23:42:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ログイン石が火を吹く時が来たぜ!(パズドラ)

巷では新サムライスピリッツのバサラDLC配信日!
というめでたい日なので、一応のパズドラ(ログイン)勢としてはとりあえず覇王丸欲しいナーとか思いつつ
お祝いに20連ガチャした結果、
IMG_2092_R.jpg
何この有情ガチャ…
無料の1回目はともかく、普通に引いて1発めで覇王丸、その上でナコルルと半蔵以外コンプという優しさ。
まぁ、引いたところでそれで何かするのかと言われるとログインするだけではあるのですが。

艦これ備忘録書かなきゃ…とか思いつつ記憶が薄れ行く今日このごろ。
結局全部甲でクリアはしました。堀はしてません。というか、一人も新ドロップ艦入手なし。

映画。
今月はジョン・ウィック3とジョーカーが同日公開とか言う凄いお祭り月だったので、両方IMAXに見に行きました。
・ジョン・ウィック3:犬映画だからマッドドッグ、というキャスティングは素晴らしいと思います。
IMAXで銃声キメに行くための映画。
アクションの練習の1万分の1くらいの時間を日本語の練習に使えなかったのか…
他の映画と比べて、軍隊とか特殊部隊系の射撃ではなく、競技射撃系なのがウリな部分でもあるとは思うのですが、
本国で「競技射撃を殺人と結びつけるな」的な抗議を受けていないのがやや興味深いような。
もはやそこまで細かい所に突っ込むような文化ではないのでしょうか。
・ジョーカー:アメリカで要注意映画扱いされるのも納得のイカレっぷり。
IMAXでホアキン・フェニックスの表情を堪能しつつ辛くなる映画。辛みしか無いのに引き込まれる。
地味にノーラン版のバットマン・ビギンズ及びダークナイトと適合性があるようなツクリになってるのでバットマンガチ勢でなければ、これら2作は見ておいたほうがより楽しめそう。
とりあえず、どっちも興味がアレば見て損は無いと思います。特にジョーカーがおすすめ。
ジョン・ウィックは過去作見てないなら敢えて見るほどではないかも知れませんが。
  1. 2019/10/15(火) 01:31:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0