FC2ブログ

ワイタの仮雑記

プレイするゲームが多すぎる

なんかものすごく久しぶりにあっちもこっちもゲーム漬けな日々を送ってるような。

COD。
多分、CODシリーズで初めて最高レベル(アンロック要素が解除されるLv55)まで到達。
やはりサラウンドの暴力と、あとは単純にPC版だからプレイしやすいってのもあるかも。
M4ばかり使っていた頃から、折角だから好きな武器を使おうということでM14に移行したら
キルレシオが0.1くらい上がりました。何故。
それでも1.0切ってますけども。
どのFPSでもキルレ1以上行った記憶がない超ド下手ですが、楽しいので良し。

サムスピ。
祝・火月配信。
体感的には零SPっぽい?中切りの長さに剣サムの連斬の名残りを感じる…
屈大斬りがキャンセル掛からない辺りは同じく屈大斬り烈震が繋がらなくなった覇王丸と同じ悲しみを感じなくもない。
敢えて遅くて痛い始動技からコンボ繋ぐのが楽しいのに…
B焦熱魂ループは自分の技術だと2回が限度っぽいのですが零SPの全部繋げる奴(B焦熱→ダッシュB✕3→A大爆殺)はできなくなったっぽい?
新作サムスピ、ダッシュB→B焦熱魂とか、ダッシュB→武器飛ばしとかダッシュ秘奥義とかでコマンドが化けまくるのが困る。
最近は、236入力のときに、正解は越後製菓!という感じ(どんなだ)でレバーから手を離すとダッシュから波動コマンドが入る事に気づいたのですが、果たしてこれは正解なのか。
秘奥義は2369入力でほぼ出るんですが、ダッシュからの波動は2369よりも越後製菓法の方が出るような。

地味に火月よりも、Ver1.4になって、ようやく、ようやくランクマッチで同じ程度の相手と連戦しても、
両者のポイントが減らなくなったのが嬉しいかも。
また、格下に負けるデメリットも緩和されたのでようやくランクマッチが機能するようになりそう。
このランクシステムのせいで同一レベル帯の相手としか対戦出来なかったので、
過疎りゆく格ゲーでは超重要アップデートな気がします。
ここらへんの対戦格ゲーにおけるネット対戦の土台的な物って、初代XboxでDOA2Uとか
が出た頃から散々試行錯誤されてきた(ブロードバンド的な意味でPS2MMは除外)と思うのですが、
未だにチームニンジャの頃のDOAとかを超えるシステムって中々出てきませんね。
ストリートファイターとか鉄拳辺りはマトモなんでしょうか。

リングフィットアドベンチャー。
地道に継続中。運動強度が低い!上げろ!って血流測定する度に言われるのですが、
上げても対して変わらない動作と、上げると死に直結する動作の差が激しすぎる。
それにしても、毎日何かしらの新しい要素がアンロックされるのは素晴らしい。
運動ゲームに限らず、脳トレとかでも結局は続ける意思を維持させるのが一番難しいので。
フィットボクシングはおよそ1ヶ月で全てのメニューを全て三ツ星取れる上に、
せっかくたくさんいるインストラクターも、全くキャラクター性が無いので
声は違うけど同じことを言うので交換する意味が殆どないってのは勿体なかった。
ここらへんのゲームとしての抜け目のなさにおいてはリングフィットは流石に任天堂謹製という貫禄がありますね。

そんなわけで、
PC:COD アーケード:剣サム PS4:新サム Switch:健康機器 XboxOneX:UHDBD再生機
として充実なゲーミング生活を送っています。全ハード確認。

スマホ。
IMG_2095_R.jpg
ねんがんのMAGPUL BUMP CASE for iphoneXS を手に入れたぞ!(10月末に)
というわけでようやく、カトキハジメデザインのRail Caseからケース変更出来ました。
レールケースはデザインは素晴らしいのですが、ケースとしては滑り止め貼りまくらないと滑る点と、
落とすと即本体から分離してケースとしての用を成さなくなる点が割と致命的でした。
それでも普通に毎日使ってましたけども。デザインは本当に好き。
で、MagpulのBUMP CASEですが、要はアサルトライフル用に販売されているポリマー製マガジン、PMAGと同じような素材と手触りで作れらた、屈強なiphoneケースです。
iphone5やiphone6sでも使用していました。
正直、iphoneを買う理由の3割くらいはコレの存在なのですが、iphoneX(Xs)用が出たのが今年の8月頃とメチャクチャ遅かったのです。
どうもiphone7の頃からMagpul社があまりスマホケース業に力を入れなくなったみたいで、
Bumpケースを出さずにField caseだけだったりとか、出すのが遅かったりとかしていたみたいで。
無駄に強固なBump Caseの他に、ややお手頃なField Caseというのもあり、
デザインや触り心地はそっちも同じような物ではあるのですが、そちらは金属補強が入っていないのと、
使い続けると熱等でケースが伸びてくる欠点があるので選べるならばBUMP CASE一択。
割とデカいので、縁が狭すぎてプレイしづらい音ゲー類等がやや快適に遊びやすくなるメリットもあったりします。
  1. 2019/11/20(水) 02:29:23|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MW面白い

COD MWのキャンペーン終わりました。
ボリュームは割とお手頃感がありましたが、CODに求めている内容が大体入ってたので満足です。
なんかこれ「13時間」とか「ジャック・ライアン」で見たぞ、
みたいなシチュエーションが散見されましたが、そういうのをゲームでプレイしたいので、
ぜひともこの方向性で引き続き続編を作っていただきたいものです。
それにしても、舞台を架空の国にするなら、侵略者も架空のロシアにして差し上げれば良いのに…と思わなくもない。
全体的に相変わらずのYear! MURIKA!(アメリカ万歳)的に邪悪なロシアをボコる、というのは流石に流れ弾感が。(実際にはアメリカよりイギリスメインですけど)
当初は「ものすごくエグい」と言われていて後に大分修正された、とのことでしたが、これの本来のバージョンだとどんなエグい事をしたりさせたりする予定だったんでしょうか。

マルチプレイは、今の所明らかな強武器、強戦法的なものがありつつも、
昔のCODが好きだった自分にはドストライクなので非常に楽しんでます。
とりあえずM4A1と725使えばそこそこキル取れるのもヘタクソから見れば好感触。
やはりサラウンドの威力はマルチプレイでも凄まじく、ドンパチしたり、逆に静寂の中で足音に耳を立てたりと臨場感が素晴らしい。
あまりに遊び続けることが出来てしまうので、冷静になると逆に休日を無駄にした感がすごい。

なお、全編通しての不満点といえば、なぜか出てくるAKがAK47なところですかね。(AKM好き並感
よくあるAKMの名前がAK47、というわけでもなく、普通に初期のAK47がこの世界観で出回ってるのが気になる…
権利に厳しいカラシニコフ社的には(俗称としての)AK47はOKで、(製品名としての)AKMは権利上アウト、なんでしょうか。
その割にはAK12は出てくるし…
まぁカービン類も何故かWW2時代のものが出てきてるので、普通にAKMが普及しなかった世界なのかも…?
(そもそも、以前のCODからAK47ばかり出てるのでIW社の拘りという可能性が高そう)
  1. 2019/11/05(火) 19:15:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艦これ 2019夏イベント

もはや完全に忘れてるのでさらっと備忘録。
備忘録とは……

続きを読む
  1. 2019/11/05(火) 18:40:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0