FC2ブログ

ワイタの仮雑記

AVアンプ、壊れる(2世代ぶり2回目)

2018年から使用していた、ヤマハのRX-A2080の音が出なくなりました。
元からPCとの相性がすこぶる悪く、音を出すのに毎回のようにPCで「サウンドの問題のトラブルシューティング」を行ってようやく音出してたのですが、ついにPS4等でも音が出なくなり。
映像系は全く問題が無いのですが、音声系が全部ダメっぽく。
映像生きてるので音を別のアクティブスピーカーから出してましたが、流石にただのHDMIセレクターと化すのは…

コレでAVアンプが壊れるのは、8年くらい前にONKYOのが壊れて以来、2度目。
アンプ遍歴だと、
Yamaha TSS-1(セット・健在)
OHM ASP-2070(セット・健在)
ONKYO NA807(うろ覚え・単品・故障経験アリ)
SONY DN1040(単品・健在)
Yamaha RX-A2080(単品・今回故障)
こんな感じ。TSS-1は凄まじい耐久性を誇っていたんですが…まぁ厳密にはAVアンプではないので。

壊れたのはどっちも使い始めて2年位で調子悪くなってます。
これら、原因はなんとなくですが、各本体のせいというよりは、
「AVアンプと言うモノが、PCと接続して一日中使うことを想定していない」のでは…とか考えてます。
発熱結構凄いので。
普通、映画・音楽・ゲーム等だとさほど連続して使用しないでしょうし、
ましてやPCだとこれら+PCの並行使用が割とあるので。
そんなわけで、個人的には
「(PC用途に使用する前提で)AVアンプ買うなら長期保証は必須」だと考えてます。
今回のRX-A2080はメーカー保証5年付いてるので、店側の長期保証は不要なパターンでしたが。
前回のONKYOのは長期保証で助かったパターンでした。
ただ、例にもれず、修理に出す際に配線外したり発送するのがもんのすごく面倒くさい。重いし。

そんなわけで、
IMG_2261_R.jpg
久しぶりにSONY STR-DN1040復帰。黒い方。奥行きちっさ!(後ろで合わせてます)
手放さなくてよかった旧機種。(修理は1ヶ月以上掛かりそうなので)
5.1.4chは5.1chになるし、HDCPやら4K性能やらに色々難点はありますが、
とりあえずコレでPCもゲームも普通に使えます。
ただ、設定いじってないのもあるけどやっぱり音質に結構差がある…
前回変更したときも音の変化に感動したんですが、今回はフロントスピーカーがB&Wの705 S2に変更したのもあってか、かなりスカスカに感じます。
所詮AVアンプ、されどAVアンプ。
まぁ繋ぎなのでとりあえず修理終わるまで保ってくれれば文句ありません。
ただ、見た目は並べるとDN1040のほうが良いな…
  1. 2020/05/30(土) 02:01:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0