FC2ブログ

ワイタの仮雑記

新手の拷問器

HMZ-T2
終末に色々と弄った感想。
普通の映画は映画館で見ている感じがする、というのが全て。
部屋暗くして、サラウンド全開で液晶テレビで見るのとどちらがいい?と言われると微妙な域。
寝ながらでも見れるという利点はあるものの、逆にHMZ自体の固定が必須になるので使い道次第。
3D映画については、過去に1作しか映画館で観ていませんが、HMZの方が自然に思えます。
3Dでひと通り見終わった後、あまりにも自然だったため2Dだったんじゃね?と思って2Dで見なおしてみたら平面さに驚くくらいに。
ゲームについては、CODBOの3D機能でトライ。
サイドバイサイドで3D化して解像度が落ちるためか、装着が悪いのか、細かい部分がかなり見づらい。
立体感はなかなかあるものの、実際問題として狙いづらいので、ヌルい難易度でシングルプレイをする以外だとストレス溜まりそう。
マルチ1ステージ→シングルプレイ1チャプタークリアしたらなかなかの疲労度。
映画もですが、3Dは字幕読みながらだと結構疲れますね。
そして共通して言えるのが、すごくおでこ痛くなる。と言う事。
おでこのパッドと、後頭部のバンド(プラスチック1本とゴム1本)で固定するのですが、後頭部はともかく、デコにめり込んで痛い。
もう少しデコパッドの角度を弄ったり、何か挟んだりすればマシになるかもしれませんが、これを改善しないと1時間以上はややキツイかも。
HMZ-T1の時にもいろいろな改造が流行ったみたいですが、コレについてもデフォ状態がフィットしない場合は色々と弄ったほうが幸せになれそうな気がします。

ロックスミス。
何か厳しいと思ったらこのゲーム、手元見る暇があんまり無いんですね。
運指どうこう以前に、どこ弾けばいいのか分かりづらいのが一番の敵かも。
流れてくるノードのいちもやや分かりづらいですし。3だと思ったら4だったとか。
なんとなく弾けてる感はそれなりに味わえるのですが、1曲引けるようになった!というレベルになかなか達しないのはプレイを続けていけば改善されるのでしょうか。
DLCの曲に日本の曲を、なんて話も出ているようですし、チマチマと続けていければいいなと思いつつ。
  1. 2012/10/14(日) 23:35:05|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コード入力ダルすぎ | ホーム | ロックスミス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/193-6047b7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)