FC2ブログ

ワイタの仮雑記

TYPE96 senior レビュー

クラウンモデル TYPE96 senior を先日サバゲ(インドア)に投入してきたので感想とか。(以下全て0.2g弾使用)

・威力
0.2gで安心の70km/h強。(フィールドの弾速計調べ。簡易弾速計でもだいたいそんな感じ。)
よく飛ぶしそんなに痛くないレベル。ってスナイパーでコレはちょっとどうなのか。
お陰で弾速制限の厳しいインドアで減速アダプタ使わずに使えたのは有りますが…
先人のレビュー動画で90キロ出てるって見たのですが、これは不具合なのか、個体差なのか、コッチが正しいのか、どれなんでしょうか。
・精度
少なくとも室内では、ある程度狙ったところには当たっている模様。
屋外でも10m位ならスコープで立射でも頭くらいのサイズの的にはほぼ必中。
なお、後日30mくらいで撃ってて気づいたのですが、この銃(もしくはこの個体)、ホップが切れないようで。
一番弱くしても、15mから25mくらいで弾が浮き上がってるように見えます。
手持ちの次世代HK416Dでは同じ距離でホップ切ると手前で落ちるし、適正ホップでは直進するので
ちょっと癖が強いと言わざるを得ないかも。
0.25g以上でどうなるかは近日試してみます。
・取り回しとオプション
2~9倍スコープを2~3倍で使用。
後はグリポッドとCAA Tacticalタイプのライトホルダ+Batonライト、謎ブランドサイレンサー、そして2点スリング。
これだけ積んでも3.7キロほど。ちなみに普段使ってるHK416Dがフル装備、マガジン抜きで4キロ。
サイズの割にはかなり軽いので運用はしやすく、また剛性も十分で安心して使えます。
グリポッド+CAAライトホルダは相性が良く、Type96のようなアンダーレールしか無い銃でも
グリップ握りつつ一瞬だけライト付けて撃ってまた消す、という作業が楽に出来ます。
グリポッドは使いやすさ的には普通のフォアグリップに劣る上に重いし使いづらいのですが、
ちょいちょい動きながら撃つスナイパーとしてはデカくて安定するため使いやすいし、
銃の保管時にも役に立つのでスナイパーにこそオススメかも。
スリングはハンドガン使うなら必須。サイレンサー付きでも背負って歩けるので、移動するときは背負ってました。
Type96のスリングアダプタは両側にあり、かつ金属製なので強度も安心。
狙撃→背負ってハンドガンで移動→狙撃…の流れが非常に楽しいのでオススメ。
・結論
威力とホップを気にしないならインドアでも使えてとても楽しい。ホップはインドアの距離ならあまり気にならず。
逆に威力的にはコレでアウトドアは厳しいかも?ホップは明らかに長距離用っぽいのですが。
(箱によると最適角度で最大射程60m以上とあります。曲射前提なのか?水平射撃では謎。)
今のところ動作不良・給弾不良もなく、極端に変なところに飛んで行くことも無いので、
この値段を活かしてとりあえず自分のようにスナイパー入門してみたり、逆に壊れてもいい前提で
ガチガチに弄り回してみたりと色々と楽しめると思います。
自分はできれば初速をもう少しあげたいところですが…
スコープ用レールに加えて、アンダーレールも最初から付いているので拡張性も十分。
タクティカル()な取り回しも、普通のバイポッド付ける運用も思いのまま。
ガチでボルトアクションスナイパーになりたい場合は東京マルイを買ったほうが良いとは思いますが、
ガスガン1丁分の値段と考えれば、十分だと思います。
  1. 2015/01/24(土) 20:25:40|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これのアニメが雑過ぎて辛い | ホーム | 失って初めて気づく次世代感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/233-2098776b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)