FC2ブログ

ワイタの仮雑記

PERUN ARMS製 Fiber Optic Sights

PERUN ARMS製のAK用集光ファイバーフロントサイトポストを入手したのでレビューとかインストールとか。
まず、PERUN ARMSはチェコの銃器メーカー(多分)。
このメーカーより、AK用の集光ファイバー型のフロントポストが発売されていたので、購入しました。Vz58、SKS用はリアサイトもあるようですが、AKについては現時点ではフロントサイトしか無いようです。まぁAPSのAK74PMCはリアサイトがレールカバーと固定されているため、交換できないので調度良いと言えなくもなく。  
 per00_R.jpg
パッケージ。本来はこの中にポストだけ入ってました。

per02_R.jpg
左からAPS製AK74PMC(ASK209)、CYMAのAK47用(マルイ互換として売られていたもの)、そして今回のPERUN ARMS製。
サイズはほぼCYMAのものと同じですが、真ん中が二股に割れています。
これはどうやら実銃における、ネジの緩み防止対策のようです。
取り付けにあたっては特段コレについては対策は不要でした。

per03_R.jpg
per01_R.jpg
横から。所々塗装がハゲてるのは、専用工具無しにペンチで抜き差ししていたためです。
AK用サイトアジャストツール入手性に難がありすぎ…
さて、見て分かる方には分かるのかもしれませんが、実はPERUN ARMS製はネジのピッチがCYMAのものと違います。
APSはM5くらいのミリネジ。CYMAはM6のミリネジ。
このファイバーオプティックサイトも太さはほぼ6mmなのですが、どうやらネジが普通のミリネジではなく、「ミリネジ細目」という規格みたいです。
「みたい」と言うのは、APSのフロントサイトはネジ穴が小さいため、
一度フロントポスト抜いてM6でタップ切る→CYMAは入るけどPERUNが入らない…
という経過を経た後、ネジ規格について調べてM6細目用タップを購入し、テキトウな木の板でテストしたらようやく入った、
という無駄な手順を踏んだためです。測ったわけではないので保証できません。
なお、マルイ互換と書いてあったCYMAのフロントサイトも当然M6のミリネジのためそのままでは装着は不可能でした。
per07_R.jpg
(※研究用に買ったCYMAのフロントサイト一式)

そのため、装着には結果的に
・M6でタップ切ってしまったネジ穴を金属用セメダインで埋める
・再度ドリルで穴開けてミリ細目のM6タップでタップ切り直す
・例によってサイトアジャストツールが無いのでゴムシート巻いて気合でペンチでねじ込む
という手順で押し込みました。
お陰でせっかくの新品のサイトがペンチのせいで歴戦の風貌に…

per05_R.jpg
per04_R.jpg
per06b_R.jpg
装着後。黒のボディにピンポイントで赤く光るサイトがカッコイイ…
今回はAPS製AKのためもあり、取り付けに苦労しましたが、E&LやLCTの場合どうなるかは不明です。
もしポン付け出来るならお値段的にも悪くないのではないでしょうか。
なお、明るい場所での視認性は抜群ですが、最初から付いていたサイトポストと較べて太さがかなりあるため、
遠距離での射撃や精密射撃には逆に向かなくなった感もあります。
普通に見やすくしたいだけなら最初のポストの先端にホワイトを塗るなり蓄光塗るなりした方が利便性は高いかもしれません。
自分はどうせいつもパチホロサイト積んでいるので、飾り及びバックアップとして使う分には十分アリかなと。
  1. 2016/02/02(火) 01:10:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これ 2016冬イベント | ホーム | CQC漬け(レインボーシックスシージとAmoeba AM015)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/268-aae23d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)