FC2ブログ

ワイタの仮雑記

GHK AKMを買いました

クラウンモデルのType 96のマガジンが販売開始してる!!
早速2個買いましたが、当初の予定予定を1年以上オーバーしているような気が…

以下完全にAKMの話


GHK AKM00
いまさらGHKのAKMを購入。(写真右側)
左はいつものAPS ASK209(Tactical PMC AK-74)。
(AK74なのに竹槍ハイダーが付いているのは持ち運ぶ際に短くて便利だからです…)

で、このAKMですが、正直2011年のモデルであり、散々ネット上に情報が載っているので今更ですが
・台湾のGHK社によるガスブローバックライフル。国内ガス対応。
・外見はLCTのAKMを使用しているため、リアルかつほぼ木と鉄でできており剛性が高い(但し全てが実銃リアルサイズではなく、アウターバレル等一部はアルミ)
・ボルトはフルストロークではない。
・動作性については中華の割に良いとの評判。但し射撃性能に対しては(特に初期型は)評判が別れる。
・2011年より前のGHKが発売していたAKシリーズは外装がLCTではなくD-Boys製らしく、こちらは評判がイマイチ
といった感じ。

過去の経験から、中華銃は自分で頑張って整備するよりもショップにお願いしたほうが安いし速い、という教訓を得ていたため、本体を秋葉原のエチゴヤで購入後、その足で即座に立川のハンマーズさんに持込、本体及びマガジンのカスタムを依頼しました。(カスタム内容はハンマーズHP掲載のとおり)
カスタム後戻ってきた本体は流石に動作性バッチリ。
鋭いリコイルとガンガン動くボルトは一応ブローバックシステム積んでるAPSと較べると流石に雲泥の差があります。

射撃についても、発射機能自体には問題無く、初速についても室温30度0.2gBB弾使用で初弾が92m/s程度、それ以降が80m台と高性能だったのですが、何故かホップアップがどう調整しても全く同じ鬼ホップだったため、バレル清掃を行ったうえでホップアップパッキンを東京マルイの電動ガン用に交換。
押しゴムはGHKのデフォルトのものを使用しましたが、これによりホップ無しから真っ直ぐにすっと伸びる適切なホップまで適切に調整できるように。
さらに、正直期待していなかったのですが、東京マルイのガスブローバックハンドガン程度の命中精度まで確保できてしまいました。
(15m先から20cmくらいの的に当て続けられる程度)
GHK(と東京マルイのホップパッキン)SUGEEE。
なお、この改造を行ったところ、初速が初弾70m/s強程度まで下がりましたが、恐らくホップパッキン取り付ける際にグリス無しでに取り付けたために気密が下がったんじゃないかと推測しています。
とりあえずインドアで使う予定なので70m/sの方が使いやすいのですが、そのうち治すかも。
初速や集弾性についてはそれなりに古い機種なだけあって情報が豊富で、調べれば色々出てくるのが非常にありがたいです。
40センチもあるインナーバレルは電動ガンと較べて口径が大きいようなので、電動ガン用の狭くてかつ短めのバレルを入れる改造なんかもそのうちしてみたいですね。

あとは気になる点としては
・ASK209は軽いKeymodハンドガード+短縮バレル+パチホロのお陰で重量バランスが後ろ寄りで構えやすいのですが、AKMはAK特有のフロントヘビーっぷりで持ってるのがつらい。
・ストックがデカい上に肩当てがフラットな金属製で滑って構えづらい
・アイアンサイトが非常に見づらい。しかも、どうやらLCTもフロントサイトポストの大きさは実銃とは違うらしい(ハンマーズの店員さんん教えていただきました)ので、PERUN ARMS製 Fiber Optic Sightsが使えない。安いから買い増ししようかと思ってたのに。とりあえずピン先を白く塗るとかしないと。
・グリップが細すぎて片手で保持しづらい
・セレクターが非常に硬い。少なくとも実銃より硬い。セレクターの本体側への突起部分が尖り過ぎていて、特にセフティから他に移動する際に両手使わないと動かない事がある。
・トリガーガードの金属のフチが尖っていて素手で触ると痛い
などなど、GHKがの~というよりはAKM自体に起因する問題が割と気になります。
普段のASP ASK209がタクティコーなブラックライフル仕様なので、できればGHKのは「鉄と木のAK」という感じで外装そのまま行きたかったのですが、コッチもタクティコーにしたい欲望がふつふつと…
  1. 2016/08/01(月) 01:20:08|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PSVR触ってきた | ホーム | エアガンいじり メカボなんて怖くない(但しVer.3に限る)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/278-a66aedbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)