FC2ブログ

ワイタの仮雑記

UF Pro P-40 CLASSIC PANTSの紹介

また懲りずにサバゲ装備です。
ゲームではBF1やってるとか艦これはサンマ漁で集めたサンマ30匹(時価700円分くらい?)を調理し損ねて没収されたとか
COD:IWを買うだけ買ったとかあることにはあるのですが。

さて、UF PROはスロベニアのミリタリー系衣類メーカー。
例によってまたあの辺りのヨーロッパ装備です。
元々軍用に装備を納品していた会社が、5.11(ファイブイレブン)のタクティカルパンツが流行りだした時に購入したところ、品質に満足できなかったため装備会社を立ち上げた、らしい。
(ソース:Polenar tactical mediaの紹介動画 この動画では「我々の製品はアークテリクスやクレイプレシジョンよりも良い」とも。強気。)
装備品メーカーながら、何故かやたらとPVがカッコイイのは以前紹介しました。
ufproclassic00_R.jpg 
で、今回のP-40 Classic Pantsは同社の主力商品(多分)のタクティカルパンツ、P-40シリーズの基本形、一番ベーシックなモデルです。
色はデザートグレイ。
※現時点ではサバゲに使用していないため、あくまでファーストインプレッション程度になりますのでご了承を。
また、履いてる写真とか細部は公式サイトを御覧ください(丸投げ)

上位モデルのような特殊な機能はあまり有りませんが、ポリエステルとコットンの裂け防止生地に、Schoeller dynamic(ショーラーダイナミック)の伸縮素材を組み合わせた耐久性と伸縮性に優れた本体に、同社共通のインサート型ニーパッド(別売)ポケットや、タクティカル装備向けのダブルベルトループ、上からも横からもアクセスできるサイドポケットなどが搭載されています。
ちなみに、上の写真では右足側(写真下側)にニーパッドが入ってます。
ufproclassic03_R.jpg 
(製品が入っていたパッケージと、ニーパッド)
対応するニーパッドは「FLEX-SOFT KNEE PADS」と「FLEX- SAS-TEC PADS」の二種類があります。
※「SOLID- PADS」は恐らくCOMBATモデル専用、のはず。
写真はSAS-TEC PADS。ただ、正直SOFTとSAS-TECの違いがイマイチ分からない。
ufproclassic04_R.jpg 
(ニーパッドを潰した図)
SAS-TECパッドは手で簡単に曲げられるほどの柔らかさ。形状記憶なのですぐ元に戻ります。
ニーパッドのサイズが大きいものの、この伸縮性のお陰で付け外しはかなり楽。
強度については流石にプラ製のニーパッドや、厚みのあるゴム製のニーパッドには劣りますが、
とりあえず室内で膝からスライディングしても膝が痛くならなかったので普通のサバゲ用途では十分かと。
但し、このP-40 Classic Pantsは上位モデルとは違い、膝にコーデュラの補強が無いので、あまり過信はしないほうが良いかも。
インドアの床ならともかく、屋外で膝からズサーとかしたいのであれば、従来の外付けニーパッドを用意するか、ハードパッドとソフトパッドの併用が出来るCombatシリーズを最初から使ったほうが良さそう。

ニーパッドの位置を調整するシステムはありませんが、サイズが大きいので割と誰にでもフィットしそうな気がします(無責任)
なお、ニーパッドポケット自体には上下に3センチくらいの余裕があるため、位置を上げるんだったらポケットを縫ったりすればある程度の調整はできそうです。

ufproclassic01_R.jpg 
↑裏側から。
色が違う所がゴムのようなショーラーダイナミック生地になっており、かなり無理な体制になってもキツさを感じません。ついでに、腰回りも伸縮素材なので履くのも楽。
生地の厚さ的には特に薄くもなく、厚くもなく、と言った感じで温度的にはジーンズより少し暑いかな?といったくらい(抽象的でスミマセン)
なお、同社のウィンドストッパーライニングを内部に装着することで、寒いシーズンでも使えるようにすることが出来ます。
膝のニーパッドポケットは内側の生地がメッシュなため、ポケットのジッパーを開けっ放しにすることでベンチレーションとしても使えることから、全シーズンで使うことが出来そうです。(このベンチレーション機能に特化したHTというモデルもあります。)
ufproclassic02_R.jpg 
裾の形状。
シンプルに、内側に絞る機能だけ付いています。上位モデルとは違い、ジッパーはありません。
つまり、サイズが少し大きい位なら絞るか、もしくは折り返すことが出来ます。
…実は、これが上位モデルではなくClassicを選んだ大きな理由だったりします。
UF Proに限らず、海外サイズなので最小モデルでも小柄な自分にはデカいのです。
今のところ折り返して履いています。裾上げは面倒くさそう。

現時点での感想は
○物凄く動きやすい
○ニーパッドを付けたままでも着心地が良い
○ニーパッドの着脱が容易
○耐久性がありそう
○デザインが地味でギリギリ街で着れそう(≒直接サバゲに行けそう)
○ポケットの位置、サイズ等はあまり凝っていないものの、必要十分
○地味にフロントファスナーが上下2つ付いてる(どっちからでも開けられる)のは便利かも
○左側のポケットのフラップに地味にメーカー名の刺繍がしてあってレア物所有感が満たされる
△本体119€、ニーパッド24€、買ってないけどインナーライニング79€は割とお高いかも?
×ショーラーダイナミック部分の色が、何というか…「濡れたサンドブラウン」的な色なのはなんとかならなかったのかと…

という感じで、お値段はさておき、また、伸縮素材の色の微妙さについてもさて置き、機能的には非常に満足度の高い一品です。
もっとも、別のタクティカルパンツを全く持っていないので、他製品との比較は出来ないのですが。
(今までは、アマゾンでも買えて、ユニクロより安い実物装備ことフランス軍F2パンツ一択でした。
コストパフォーマンス的にコレに勝てる存在は無いし、性能にも不満無かったのですが、
軍服≠タクティカルということで。)
タクティコーさと、(色の微妙さを除けば)普通に見えるデザインの絶妙さがいい感じかなと。
もっとも、屋外サバゲでバリバリ使うのであれば、STRIKER XT GEN.2 COMBAT PANTSのPenCottグリーンゾーンなんかの方が良さそうですし、自分も欲しくはあるのですが。
なんか非ミリタリー系のタクティコーなパンツ=白系、のイメージがあるし、民間オペーレーター風としては以前買ったHusarのNobleとも合うので当面はコレで行こうと思います。
  1. 2016/11/21(月) 01:04:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これ 2016年秋イベント | ホーム | Polenar Tactical AK Operator DVD AK用トレーニングDVD(ビデオ)の内容について(レビュー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/288-26754c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)