ワイタの仮雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pain of Salvation / In The Passing Light Of Day

ものすごい久しぶりにメタル感想。

イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ
ペイン・オブ・サルヴェイション
マーキー・インコーポレイティド (2017-02-22)
売り上げランキング: 5,047


スウェーデンのプログレッシブ・メタルバンド Pain of Salvation(ペインオブサルベイション、通称POS)の10thアルバム、In the passing light of day(インザパッシングライトオブデイ)。
初期はいわゆる「ドリームシアター系」扱いされつつも、完全に独自の路線を突っ走ってきた割とベテランなバンドです。
プログレッシブメタル、とは言うものの、割と掴みどころのない、ジャンル分けの難しい楽曲が多いのが特徴だったのですが、特に5thアルバム「Be」以降はそれが顕著になり、7thと8thのRoad Saltシリーズはもはやメタル要素が無い、オールドなロックアルバムとなっていました。
初期のプログレ路線が好きな自分からするとかなり残念な路線だったのですが、その後過去作のリレコードアルバム「Falling home」(多分日本版未発売)と、4th「Remedy Lane」のリマスター版(多分これも日本版未発売)を経て発売された今作は、近年の作品の風味を残しつつも、初期のプログレメタル路線に回帰した「メタル」な作品となりました。

メンバーが変わったとか、技法が変わったとか、ヴォーカル&リーダーのダニエル・ギンデルロウが病気で生死をさまよっていたとか色々な事情は有ると思いますが(と言うかその「死にかけたこと」こそがこのアルバムのテーマでもありますが)、とにかく「メタルなPOS」が復活した事が非常に喜ばしいです。
初っ端からメタルな楽曲が並ぶだけで嬉しいのですが、今作はとにかくメロディが強烈に印象に残ります。
PVにもなっている「Meaningless」や「Reason」に加え、淡々とした歌唱から熱いコーラスに流れ込む「Full Throttle Tribe」など、ここ数作からは考えられない程にパワフルでキャッチー(※彼らにしては)な楽曲が揃っています。
また、どうやら今作は「Remedy Lane2」として当初は作成されていた、という側面も有るらしく、全体的にRemedy Laneを参照したり引用したりするフレーズが含まれているのも過去作やリマスタ版を聴いてきたファンとしては嬉しいものがあります。
(※6thの「Scarsick」も「The Perfect Element 2」として作ってたらしいので確かに納得できる部分ではあります。なお、曲の解釈や上記情報はこちらの海外サイトを参考にさせていただきました。)
ザクザクした音なんかは各所で言われている通りLeprousっぽかったりしますが、恥ずかしながら最近Leprousを知ってファンになった自分からするとタイムリーでより嬉しかったり。
歌詞は相変わらず?内省的で、先述した通りダニエル氏の経験した細菌感染症及びそれに伴う入院に伴い見つめた死、というか「死ぬこと」がテーマなのですが、全編を通じてはそこまでダーク一辺倒では無く、いつもの繊細さと力強さの混在した表現力の塊みたいなヴォーカルで引き込まれます。(過去作ほどのハイトーンは無い感じですけども。)

個人的にPOSは3rdの「The Perfect Element 1」が人生のベストアルバムに入るぐらい好きなのですが、今作もPOSの中ではかなり気に入っています。
初めて聴いたときは驚いてばかりであまり頭に入ってこなかったのも事実ですが、3度、4度と繰り返す度に、これこそがPOSに求めていた曲だなと。
5thの「Be」は今も理解できる気がしないし、6thの「Scarsick」もアルバムとしてはあまり好きではないのですが、今作はアルバムを通じていい感じです。

ちなみに、日本版のボーナスディスクは新曲は無く、デモバージョンのみ。
この手のデモにしては珍しく、作曲者(ダニエル)の解説が入っていますが、彼らの動向を全部知りたい、というコアなファンでない限りは特段必須なモノではないと思われるので、日本語訳が必要なければ海外盤で良いような気がします。(歌詞の意味を追うだけなら、先述のサイト等で歌詞を直接追って、翻訳見ないほうが分かりやすいかも…)

ちなみに、POSは今作もオススメですが、アルバム1枚の値段で、初期のアルバム5枚がまるごと収録された「ORIGINAL ALBUM COLLECTION」というまとめパッケージも有るので個人的にはまずコッチがオススメです。
ORIGINAL ALBUM COLLECTION
ORIGINAL ALBUM COLLECTION
posted with amazlet at 17.03.12
PAIN OF SALVATION
INSID (2016-09-02)
売り上げランキング: 41,793


デビュー作1st、武器産業とロシアの核汚染された泉がテーマの暗くて重い2nd、大傑作(断言)3rd、今作との関連があり一般的にはベスト扱いされている4thに加え、驚異的なコーラスワークとまったりとしたアレンジが楽しめるアコースティックライブの「12:5」を収録しているので、POSを聴いたことが無い方の入門には最適。
メタルに興味がなくても、嫌いでも、3rdだけでも良いからより多くに人に聞いてもらいたいと思う今日このごろ
  1. 2017/03/12(日) 23:55:49|
  2. メタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 艦これ2017年冬イベント +近況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/296-e5d50a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。