ワイタの仮雑記

最近のサバゲ装備・ポーランド等の装備など

以前に買った、とだけ書いて放置していた北欧系+その他のサバゲ装備品の紹介。
長いので畳みます。

IMG_1875_R.jpg 

上の写真が現在のベルト装備。
ベルト本体はLibraのデューティーベルトです。MOLLE無し、内側にベルクロ。モロ国産。
全身迷彩は嫌だけどポイントなら良いよねという謎理論によりポーチだけ迷彩です。

基本的にインドアフィールドしか行っていないので、コレだけで必要十分、と言うか既に必要過多。
気分が乗れば(持ってく荷物に余裕が有れば)Husar Nobleも着てますが、正直コレで室内だろうが室外だろうが十分。
なお、時計回りに9時から

DCI Guns サイクロングレネード用ホルスター
初っ端から北欧関係ないのですが、サイクロングレネード用のホルスターです。
というか、コレを使うためにサイクロングレネードを買った感すらあります。
最近ニュースになったトリガーポーチもコレと同じような仕組みなような…
インドアにおけるグレネードって、制圧力が効果的な反面、「仕組みが複雑すぎて投擲までに時間がかかる・隙ができる」事が使うことのデメリットになっているのですが、このポーチを使うとそのデメリットがほぼ解消されます。
使う側からすると爽快なことこの上ないのですが、グレネード持ってない方からすると正直どうなんだろ…と思わなくもない。
ちなみに、コレを導入する前は、レプリカのTMC製TACOポーチを改造した自作のグレネードポーチ+インパクトグレネードを使っていました。
IMG_1889_Ra.jpg 
ポーチの外側に100円のワイヤーリールを付けて、リール選択を起爆ピンに固定、いつでも投げられてかつピンが紛失しないようにしていました。
TMC製の保持力の低さもコレに限っては良好に働いていました。

・BlackHawk!のCQC Sporterホルスター+ジャケットスロットデューティーベルトループ+クイックディスコネクトキット
これはだいぶ前から使っていますが、ハンドガンを使う以上は必須。最悪ホルスターだけでも使えなくはないですが。
もっとも、今手元にサファリランドのGLSも転がっているので、そのうちソッチに交換したいとは思っています。

Tasmanian Tigerのダンプポーチ 
軽い・安い(アマゾンで1500円くらい)・小さくなる・一応ドイツの実物、といい事づくし。
問題は落し物拾う時とか装備が壊れた時しかダンプポーチ使わないことでしょうか。
なお、このダンプポーチに限らず、ベルトからぶら下げる装備にはFirstspearのMissing Linkを付けてベルトに固定しています。固定マジ大事。

HSGIのPadded Leg Panelに、ポーランドの装備品メーカーTemplers GearのTG-FMPDSを2つ、TG-FMRを2つ、オマケにTG-FMRの上に同じくポーランドの装備メーカーHusarのWRAP-LをMOLLEで固定。
FMPDSとFMRはいわゆるHSGIのTACO系のポーチ。
主な違いは固定方法がマリスクリップ系の外付けではなく、本体にヒモが付いていること、内側に滑り止めのゴムのような素材が付いていること、素材のコーデュラにレーザーカットによりMOLLE用の穴が開けられていてPALLSウェビングを省略していることです。

もちろん、ポーランド製なので写真のペンコット・グリーンゾーンを始め、WZ.93などのマニアックなヨーロッパ系迷彩の取り揃えもあるようです。

側面のプラスチック素材については、当初は恐らくカイデックス製で、側面にメーカー名のロゴが(恐らくレーザー刻印で)入っていたのですが、2016年9月以降の製品については、Delrin製になり(メーカーFBより)、生産性と強度が向上した反面、ロゴが無くなったようです。
あと、流通定価がピストルマグが一個18ドル程度、ライフルマグが22ドル程度なのでTACOより10ドルくらい安い。
IMG_1878_R.jpg 
左が2017年になってから買ったPencott Green Zone。右が2015年か2016年に買ったコヨーテタンのもの。
パッケージは以前からこのシンプルな袋でした。
IMG_1880_R.jpg 
左側面。タンの方はポーチ上端が明らかに一枚の板を曲げて輪を作っていますが、新型は最初から穴が空いた樹脂を使用しています。
新型のほうは上が尖っています。
IMG_1881_R.jpg
左側。旧型にはロゴの刻印がありました。コレについてはあった方が良かったのに…
無いとノーブランドのレプリカ感が。
IMG_1882_R.jpg
裏側。プラスチックのインサート以外には変わりがありません。
IMG_1883_R.jpg 
見づらいですが、上から見た図。黒く見えるのが滑り止め。
コレのお陰でマガジンの保持力はTACOよりは高く感じます。(と言うかTACOは実物でも保持力が弱い)
なお、TACOは滑り止めが無い代わりに中がベルクロのメスになっており、オプションでショックコードの取り付けが出来るので保持力はそっちで対処出来るようにはなっています。
詳細な比較は海外のこの動画なんかがTACOとの比較をしていて分かりやすいです。(スペイン語だけど映像だけで大体分かるはず…)

テンプラーズギアのマグの上に付いているのはNobleでお馴染みのHUSAR(これ国内読みはフーサーで良いのかフサールになるのか)のWRAP-L。
位置づけとしてはライフル用マガジンが1つか2つ入るポーチ、なのですが、
IMG_1887a_R.jpg 
こんな
IMG_1888a_R.jpg
感じに複数のパーツを組み合わせることによって構成されており、非常にカスタム性の高いポーチとなっています。
フラップを付けたり外したり、バンジーコードを使ったり使わなかったり、サイズを小さくしたりといろいろとやりたい放題。
こういう無駄な機能って良いですよね…
残念ながら、バンジーコードのプルタブ部分の縫製が弱く、既に外れかかっているのですがこれくらいならなんとか直せそう。
個人的には1911のロングマグを2本横並びで入れつつフラップ掛けられるのが重宝しました。多分グレネードポーチとしても優秀なはず。

これらのレッグパネル装備は今までTMCのコスタレッグリグ(レプリカ)に、HSGIのDOUBLE DECKER TACOとIWIのファストマグ(レプリカ)を積んでいたのですが、実物HSGIの滑り止めベルトに惹かれてレッグパネルを購入したところ、コスタリグではMOLLEが横5列なのに対し、レッグパネルは横6列だということに買った後で気づき、できるだけフラットになるように配置しました。
TMCのコスタレッグリグレプリカは、TACOのレプリカが3つも付いて自分が買ったときは3千円台だったので、性能及び拡張性に対してのコストパフォーマンスは最高だったのですが、徐々に実物厨になるに連れてやっぱり実物にしたくなった、てのが一番の買い替えた理由です。沼って怖いですね(他人事

GHOST(Ghost USA)のMagnetic Mag Pouch without Wings(SG-MAG1)
ベルト上で銀色に光っている謎の物体、これはゴースト社のマグネティックマグポーチです。米国製。
日本で、どころか海外でも全く見かけないシロモノなのですが、「マガジンが金属なら、わざわざポーチに入れなくても磁石でくっつければ良くね?」という、ありがちながら誰もやってなかった(自分の知る限り)発明品的な装備です。
なお、この製品自体は恐らくピストル用ではあるのですが、残念ながら東京マルイのガスブローバック用マガジンは磁石に付きません。(買った後で気づいた)
なので
IMG_1884_R.jpg 
GHKのAKガスブローバックマガジンに使用しています。
腰にAKのマグが浮いているように見えて、なかなかインパクトがあります。
IMG_1885a_R.jpg 
横から見るとこんな感じ。
GHKののガスブローバック用マガジンはかなりの重量がありますが、保持できています。
ただ、一度サバゲーに使用したのですが、ダッシュ禁止のインドアフィールドでも立ったりしゃがんだりするとややズレてくるのを感じたので、流石にガチのサバゲ用としては厳しいかもしれません。
リロード方法としては、マガジン全体が一切ポーチ類に入っていないので、手全体を使って保持することが出来ることと、使用後のマガジンを戻す際もマガジンの向きがテキトウでも磁力によって固定できるので、慣れればかなりの速度が出せそうな気がします。
なお、当然ながら、強力な磁石でマガジンを保持するので接触時に結構な音がします。スピードの代わりに隠密性は犠牲になります。
金属製であればマルイの電動用AKマグなんかも使えるので、軽い電動用マグであれば恐らく全くズレずに使えそうな気がします。
元がタクティカル用ではなく、コンペティション用なので競技系種目では結構イケるかもしれません。


以上、最近の装備一式でした。
正直なところ最後のを取り上げたかっただけ感はしつつ。
珍しいので暫くは使いたいと思います。邪魔じゃないし。
  1. 2017/09/10(日) 18:45:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これ2017夏イベントとサムライスピリッツ零SP PS4版 | ホーム | まさかの移植(追記)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/299-80d577e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)