FC2ブログ

ワイタの仮雑記

自宅用ハイパーネオジオ64の導入について(Hyper Neogeo64)

ゲーマー歴が長く、ずっとサムスピ勢やってたくせにNeoGeoに全く縁がなかったのですが、今年、ついに初めてNeoGeo関連商品を買いました!
最近話題の、そう!

Hyper Neogeo 64です!!!!!1

茶番はさて置き、ハイパーネオジオ64です。
ハイパーネオジオ64は旧SNK(プレイモアになったりする前)が出したアーケード用ハードウェアで、専用のハイパーネオジオ64用ソフトを動かすことが出来ます。
レースゲームやガンシューといった体感ゲームもありますが、このハードを買う大抵の理由は、このハードでしかプレイできない格闘ゲームを遊ぶことにあります。
※以下、ハイパーネオジオをHN64、ハイパーネオジオ本体をマザー、ソフトをROMと呼びます。
つまり、
・SAMURAI SPIRITS(通称:ポリサム)
・SAMURAI SPIRITS2 アスラ斬魔伝
・武力ONE
・餓狼伝説Wild Ambitions
この4つ。なお、餓狼はPS1に移植されてはいるので、HN64が無いと遊べないのは上の3本。
そう、サムライスピリッツは2作も有るんですよね。

そんなわけで、家庭でHN64を動かす上で必要な事をざっくりと。

なお、自分は最初にメテオさん作成の自宅でハイパーネオジオ64(COMBO AV EX+)を見て勉強したので、こちらを先に見たほうが良いと思います(丸投げ)

では、おさらい的に。

・必要なもの
1:Hyper Neogeo64本体
 いわゆる家庭用で言うところの、ゲーム機本体。マザーボード。
 但し、アーケード用で本来見えない場所に置くものなので、非常にデカくて無骨。
 金属の塊の上に、角の処理とかされてないので危ない。
 なお、ROMとセットで売られていることも多いので注意。
2:ROM(ゲームソフト)
 家庭用で言うところのゲームソフト。これはHN64でも同じ。
 形状的には「ゲームカセット」というべきか。
3:コントロールボックス
 家庭用ゲーム機とのもっとも大きな違いはコレで、HN64だけだと、家庭のテレビとかモニタには映像を写すことが出来ないほか、操作も出来ない。
 そこで、コントロールボックスと呼ばれる機材をHN64に接続することにより、映像を出力できるようにするのと、いわゆるアーケードコントローラーによる入力方法を確保する。家庭用で言うところの、ゲーム機の映像出力端子と、コントローラー入力端子。物によってはコントローラーも兼ねる。
4:HN64とコントロールボックスをつなぐケーブル
 HN64は、90年代のアーケードゲーム機で普及している「JAMMA」と言う規格に対応しています。(※色々問題が有るので後述)
 このJAMMA規格のケーブル(通常ハーネスと言う)は、HN64とコントロールボックスを繋ぐ役割があります。(※ケーブルを使わずに、直接繋ぐことも出来る場合もありますが、取り回しが大変辛くなるので非推奨)

ココで問題になるのは2点。
一つは、HN64マザーボードの仕様です。
HN64がJAMMAという規格のケーブルで接続できるのは先述したとおりですが、HN64の発売した時期によって、大まかに
ア:JAMMAで全部のデータのやり取りが出来る(後期型)
イ:JAMMAでは音が取れず、別途音声出力を用意しなくてはいけない(初期型)
という2種類があります(※見た目等の差で分けると、3種類以上はある)
自分は後述のコントロールボックスの項目で説明しますが、コンポーネントケーブルをHDMIに変換する都合上、音声はJAMMAで一緒に出力しなくても大丈夫だったのですが、最初からHDMI接続する場合なんかはJAMMAに音声が乗ってないと音が出なくなってしまいます。
コレを解決するためには、最初から改修されている後期型HN64を入手するか、ユーザーの手により改造されている初期型HN64を入手するか、何らかの方法で初期型HN64を改造するしか有りません。
また、初期型HN64は音量調節ツマミがついているのですが、コレが非常に品質が低く、ハードの他の場所に影響を及ぼして映像にノイズが乗る原因になります。初期型のHN64(または未回収のHN64とも記載される)は、色々問題が有ると思ってください。

2店目は、使うコントロールボックスについてです。
コントロールボックスは映像出力と操作の入力を担うのですが、大抵の機種はコントローラーとコントロールボックスがセットになっています。
自分は
 ・映像出力は、できるだけキレイな方が良いが、どうせ元が古いゲームなので、HDMI出力にはこだわらない。
 ・コントローラー、つまりアーケードスティックは家に大量にあるので、できれば増やしたくない
という2点を重視しました。
その結果、簡易コントロールボックス【USB V3.0】CBOX USB V3.0を購入しました。(なお、国内では売り切れてたのでAli Expressで購入しましたが、この方法はおすすめしません)
 この機種は、
  1:アナログとしては高画質なコンポーネント接続が使用できる(そしてコンポーネント接続は比較的かんたんにHDMIに変換できる)
  2:USB端子からPSやXboxのコントローラーが使用できる
  3:場所を取らない
  4:コントローラー付きのコントロールボックス等と比べても安い
 ということで、非常に好都合でした。
 なお、
  5:国内(KVC Lab)で買えば、電源とRGBケーブルまでついてくる(※RGBは画質的に最高)
  という利点も見逃せません。めっちゃオトク。
 なお、コンポーネント接続が要らないとか、USBコントローラーは要らないとか、使い方次第では上のVer.3.0にこだわる必要は有りません。

そして、これらを接続した結果が以下の通り。
 
これはHN64とJAMMAハーネスで接続したコントロールボックスから、コンポーネントケーブルをHDMI変換器に接続し、HDMI変換器からHDMIキャプチャーボードに繋いで録画したものです。
コントローラーは、リアルアーケードプロV4隼にユニバーサルファイティングボード+レトロボードを積んだ万能アケコン(と、Xbox360用VF5LAアケコン)を接続しています。

割とお安くない、というかぶっちゃけマザーもROMも高騰しているため、中華製品の進出により安価になったコントロールボックス以外は結構お高いですが、意外と導入自体は楽なのでもし移植されていないサムスピシリーズや、未だに右レバーでネタにされ続ける異色の格闘ゲーム、武力ONEにご興味があれば、ぜひお試しを。
  1. 2020/10/05(月) 00:00:00|
  2. サムスピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Hyper Neogeo64初期型の音声JAMMA化改造について(ハイパーネオジオ64) | ホーム | 艦これ 2020年梅雨イベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://waitanokari.blog38.fc2.com/tb.php/356-f838c430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)