FC2ブログ

ワイタの仮雑記

艦これ2019冬イベント

終わってから一体どれだけ経っているというのか。
一応全部甲でクリア。
そんなわけで、すっかり書くの忘れていたけど所詮備忘録なので今更アップ。
続きを読む
  1. 2019/02/16(土) 21:52:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます(2019)

今年もよろしくおねがいします。

昨年のゲーム購入歴は覚えている限りで
XboxOne:Forza Horizon4、ニーアオートマタ
PS4:龍虎の拳外伝、サイヴァリアデルタ、ソウルキャリバー6
と、過去最低レベルでしたが、キャリバーからのニーアの流れがとても充実していたのでプレイ時間自体はかなりのもの。
龍虎の拳外伝はミカドの誕生日配信見てたらどうしてもワイラーでAボタンをコスりたくなったので…
サイヴァリアは初回限定のハイレゾサントラが非常に良かったです。他のゲームも採用するべき。
PCゲームに関しては相変わらずセールで買って積むゲームとして楽しんでおりますが、Insurgency Sandstormは良かったです。主に音響が。パッドでFPS勢なので家庭用が出たらそっちでやりたい。
ソシャゲは相変わらず。艦これは未だにレベル116。イベントと定期任務だけ頑張る勢。

サバゲ関連はどちらかというと猟銃免許の取得にかまけていたのであまりめり込まず。
とはいえ、初めてサバゲの聖地・千葉に行ったりとかもしたのですが。
正直なところ、現在「欲しい銃がない」ので、モチベーションが低いです。

物欲の捌け先だったサバゲがおとなしかった反面、オーディオビジュアル環境は2018年にかなり変わって、
オーディオ方面では
メインのスピーカー環境はAVアンプの交換(SONY STR-DN1040からYAMAHA RX-A2080)で5.1chから5.1.4chに。
ポータル環境はスマホ環境からハイレゾ対応DAP(Pioneer XDP-300R)に。
ヘッドホンはSONY MDR-1000Xから同SONY WH-1000XM3に。
ちなみに、WH-1000XM3はMDR-1000Xの2世代後継機で、各界隈から絶賛しか聞かないノイズキャンセリングヘッドホンですが、実際に超優良機種です。
明らかに値段以下の音質だったMDR-1000X(それでもノイズキャンセリング性能を考えれば十分だった)からかなり音質が向上し、更にノイズキャンセリング性能も向上。
音楽うんぬんよりも、「屋外で一切のストレスを受けたくない・外部と遮断されたい」人は絶対に一度試してみるべき。
スムースジャズとの組み合わせにより通勤通学、というか人生が捗ること間違いなし。(※個人の感想です)

ビジュアル方面では、ついにプロジェクターを導入。
PX727-4Kと数千円の安物スクリーンでやりくりしていたのですが、年末にシアターハウス製のチェーンスクリーン(100インチ)を導入。
安物はそもそも平面が保てていなかった時点でアレですが、流石に専用品は違いますね。
6万円、と聞くと高い、と思わなくもないですが、そもそもプロジェクタが11万なので合わせても20万行かないで4K・HDR・100インチ、と考えると悪く無いかなと。
プロジェクタ本体については以前に書いた通り、設置面では手放しで褒められるわけでも無いのですが、画質については巷でのレビュー通り。
4K・HDRのUHDBD版「レヴェナント」は異次元の大自然っぷりだし、最近投げ売りされてたUHDBD版「君の名は。」はHDRキメた”日差し”(太陽光)が暴力的に視聴者の目と心を刺してくるのでオススメです。
問題は、UHDBD自体があんまりない事と、プロジェクターの動作音が気になる事くらいでしょうか。
劇場版がなかなか良かった機動戦士ガンダムNTは是非UHD版が出てほしいけど特にアニメのUHD発売率の低さがなんとも。

そんなわけで、着実に環境は整っていった2018年でした。
2019年は当面ゲームで欲しいものはありませんが、プレイ中のニーアオートマタや積んでるForza等で当分は持ちそうです。
AV環境が一段落したので、次は久しぶりに自作PCを更新しようかなー、とか、VRヘッドセット買おうかなー、とか考えてはいます。
VRはそろそろViveの更に新型とか出るんじゃないかなーとか思いつつ。

そんな感じで、いろいろやりつつ結局艦これが一番の重きを置いているような気がしなくもありませんが、今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2019/01/07(月) 00:35:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末の軍拡(ショットガン)

久しぶりに鉄砲を買いました。
(ゲーム関係なし)
続きを読む
  1. 2018/12/31(月) 23:42:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

購入直後にPS4版のGOTY版が発表されたけど

今更ですが、ニーアオートマタをプレイしています。
XboxOneXのDLC込み版で。
前から興味はあったのですが、キャリバー6のDLCキャラになるとあればやるしかないかなと。
実はウィッチャー3もキャリバーに参戦することを口実に、結構昔に購入済み。
起動すらしてませんが。

で、購入にあたってはサイバーマンデー系のセールで確か最安値(DLC込み)はSteam、次いでPS4(ほぼSteamと同じ?)、Xboxのゴールドメンバーシップ、Xbox通常、という順だったとは思うのですが、
Steam版:フルHDでも無駄に重いと評判、設定でも4K無理っぽい?
PS4版:値段的には魅力的だったけど手元のがProじゃないPS4なので画質的には最下位
XboxOne版:一応4K、HDR。(HDRは偽HDRとの噂)
というわけで、無難に一番画質良さそうなXboxOne版にしました。マルチゲーじゃないのでプレイ人口気にしなくて良いのは強み。
ゴールドメンバーシップはずいぶん前から切れてますが、ここぞとばかりにHALO5に付いてた無料トライアルコードを使用。非常にケチ臭い。

で、実はこのゲーム、評判がいいことと、BGMが良いことと、アクションゲームらしい、ということ位しか知らなかったのですが、割とRPG要素というかアドベンチャー要素が高くて、時間かかるゲームだったんですね。
マルチエンディング、というのも知っていたのですが、1週クリアするのに25時間近く掛かりました…
ゲームとして面白いし、キャラクター・音楽・ストーリーといった部分も文句ないのですが、サブクエストこなしながらプレイすると結構お使いも多く、普通にRPG並みのボリュームがありますね。
グラフィックはそこまでキレイではないのですが、デザインで他にない魅力があります。
音周りは非常に優秀で、サラウンド感もなかなか。BGMは評判通りなのでクリアしたらハイレゾ版のサントラ買いたい。
コレも、絶賛積んでるForza Horizon4も、結構ロードが長いので(格ゲーじゃないので回数はそんなに無いけど)PS4に続いてXboxOneXもSSD化しておけば良かったナーと思うのですが、今後の活用のビジョンが見えないのが厳しい。
ところで、Xbox版ってPS4版のタッチパッドや、Steam版のマウス操作で出来るらしい「ポッドを撫でる」操作って出来るんでしょうか。そこだけはPS4版有利なのか?

そんなわけで、引き続き2周目をプレイしつつ、肝心のキャリバー6は絶賛放置中です。
キャリバーのシングルプレイも客観的には代わり映えしないミッションクリア型CPU対戦モードなんですが、割とテンポが良いのと淡々としたストーリーに妙に味があって30時間くらいはプレイしていました。
対戦の練習になるか、と言われると、ならないのですけれども。

なんか今年はここ10年くらいで一番家庭用ゲーム触ってる気がします…
  1. 2018/12/19(水) 00:57:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MantisX Shooting Performance System を導入してみた

IMG_1955_R.jpg 

MantisX(マンティスエックス)を買いました。
公式サイト(英語)
一言で言うと、銃のレールに乗せる、トリガー動作感知式のトレーニングツールです。
以下、コレの解説とか
無駄に長い上に写真だらけなのでご注意。
続きを読む
  1. 2018/10/31(水) 00:34:00|
  2. サバゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ